内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年9月12日
ドイツ

ザクセンハウゼン記念館がナチスによって処刑された1人のエホバの証人の信仰をたたえる

 ドイツ,ゼルタース  2014  9  16  に,ブランデンブルク 記念 財団  主催 する 特別  イベント  開か  ます。それ は,75    ザクセンハウゼン 強制 収容   処刑    アウグスト  ディックマン    思い起こす ため  もの です。ディックマン は,第   世界 大戦   良心  兵役 拒否     ナチス  より 公開 処刑    最初   です。

アウグスト  ディックマン,1936  頃。

1937  10 月,ディックマン   エホバ  証人  信条 ゆえに ザクセンハウゼン 強制 収容   入れ られ まし た。1939 年,第   世界 大戦  勃発   3    ゲシュタポ  召集  れ,ドイツ    入隊  意味 する   身分 証明   署名 する よう 求め られ まし た。それ  拒否 する  独房  監禁   まし た。収容   司令  は,親衛   隊長  収容   囚人 全員    ディックマン   処刑 する 許可  求め まし た。1939  9  15 日,何百    エホバ  証人  その 処刑  立ち会う よう 強制   まし た。その    ディックマン      ハインリヒ   まし た。2  後,ニューヨーク  タイムズ 紙(英語)は ドイツ から こう 伝え まし た。「アウグスト  ディックマン,29 歳,……は 銃殺   よっ  射殺   た」。同紙  さらに,ディックマン   処刑     は「宗教   良心 ゆえ」に 兵役  拒否   から  ある,と 述べ まし た。

1999  9  18 日,ザクセンハウゼン  投獄    890   超える エホバ  証人  たたえる 銘板 が,かつて  強制 収容   外壁  掲げ られ まし た。また,ディックマン   たたえる 記念   除幕   まし た。

75 周年 記念 イベント  ディックマン   記念   ある 場所 から 始まり,続い て,かつて  囚人  調理   スピーチ  行なわ  ます。著述  で,ノイエンガム 強制 収容  記念   館長   ある デトレフ  ガルベ 博士 が,講演     招か    ます。

広報 担当:

世界 本部: J. R. Brown,広報 オフィス,tel. + 1 718 560 5000

ドイツ: Wolfram Slupina, tel. + 49 6483 41 3110

日本: 松永 一樹,046‐233‐0005 (+ 81 46 233 0005)