証人​たち​が​救援​物資​を​届ける​ため​に​車​に​積み込ん​で​いる。

【​スリランカ,コロンボ​】​スリランカ​の​首都​コロンボ​から​100​キロ​ほど​離れ​た,アラナヤカ​の​山合い​の​地域​で​地滑り​が​生じ,土砂​が​村​に​押し寄せ​た​ため,100​人​以上​が​亡く​なり​35万​人​が​被害​に​遭い​まし​た。それ​に​先立っ​て​5​月​15​日​に​は,非常​に​強い​雨​が​その​地域​に​降り続き,キリノッチ​の​町​で​は​24​時間​で​373​ミリ​も​の​雨量​を​観測​し​て​い​まし​た。当局​は​今回​の​災害​を,2004​年​の​津波​以来​スリランカ​を​襲っ​た​最悪​の​自然​災害​と​呼ん​で​い​ます。

エホバ​の​証人​の​スリランカ​支部​に​よる​と,この​災害​で​亡くなっ​た​エホバ​の​証人​は​い​ない​もの​の,200​人​ほど​が​避難​を​余儀なく​され​て​い​ます。崇拝​の​ため​の​建物​で​ある​カドゥウェラ​の​王国​会館​は,コロンボ​から​15​キロ​ほど​の​場所​に​あり​ます​が,2​メートル​ほど​浸水​し​まし​た。

コタヘナ​の​王国​会館​の​ボランティア​が,水​や​食料​品,衣服,医療​品​など​を​提供​する​準備​を​し​て​いる。

エホバ​の​証人​は​すぐ​に​災害​救援​委員​会​を​設け,被災​者​の​精神​面​で​の​ケア​に​当たる​と​とも​に,身​の​回り​の​当面​の​必要​に​こたえる​ため​に​連携​し​合い​まし​た。コタヘナ​の​王国​会館​は,水​や​衣料,医療​品​など​の​物資​を​保管​する​ため​に​用い​られ​まし​た。数百​名​も​の​地元​の​証人​たち​が,仲間​の​証人​や​近隣​住民​に​救援​物資​を​配る​ため,ボランティア​で​働き​まし​た。

スリランカ​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン,ニドゥー​・​デービッド​は​こう​述べ​て​い​ます。「この​惨事​に​よっ​て​被害​を​受け​て​いる​多く​の​家族​の​ため,わたしたち​は​祈り​続け​ます。同時​に​わたしたち​は,洪水​の​被害​を​受け​た​家屋​を​きれい​に​し,食糧​や​衣料​を​必要​な​方​に​提供​し​て​い​ます。わたしたち​の​仲間​の​うち​に​見​られる​寛大​な​精神​は,この​暗い​時代​に​おける​明るい​光​と​なっ​て​い​ます」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian, 広報​オフィス,+​1–718–560–5000

スリランカ: Nidhu David, +​94–11–2930–444

日本: 松永​一樹,046–233–0005 (+​81–46–233–0005)