アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2016年7月8日
スリランカ

スリランカの豪雨災害でエホバの証人が行なう救援活動

証人 たち  救援 物資  届ける ため    積み込ん  いる。

 スリランカ,コロンボ  スリランカ  首都 コロンボ から 100 キロ ほど 離れ た,アラナヤカ  山合い  地域  地滑り  生じ,土砂    押し寄せ  ため,100  以上  亡く なり 35万   被害  遭い まし た。それ  先立っ  5  15   は,非常  強い   その 地域  降り続き,キリノッチ     24 時間  373 ミリ   雨量  観測    まし た。当局  今回  災害 を,2004   津波 以来 スリランカ  襲っ  最悪  自然 災害  呼ん   ます。

エホバ  証人  スリランカ 支部  よる と,この 災害  亡くなっ  エホバ  証人   ない もの の,200  ほど  避難  余儀なく され   ます。崇拝  ため  建物  ある カドゥウェラ  王国 会館 は,コロンボ から 15 キロ ほど  場所  あり ます が,2 メートル ほど 浸水  まし た。

コタヘナ  王国 会館  ボランティア が,水  食料 品,衣服,医療  など  提供 する 準備    いる。

エホバ  証人  すぐ  災害 救援 委員   設け,被災   精神    ケア  当たる  とも に,身  回り  当面  必要  こたえる ため  連携  合い まし た。コタヘナ  王国 会館 は,水  衣料,医療  など  物資  保管 する ため  用い られ まし た。数百    地元  証人 たち が,仲間  証人  近隣 住民  救援 物資  配る ため,ボランティア  働き まし た。

スリランカ  エホバ  証人  スポークスマン,ニドゥー  デービッド  こう 述べ   ます。「この 惨事  よっ  被害  受け  いる 多く  家族  ため,わたしたち  祈り 続け ます。同時  わたしたち は,洪水  被害  受け  家屋  きれい  し,食糧  衣料  必要    提供    ます。わたしたち  仲間  うち   られる 寛大  精神 は,この 暗い 時代  おける 明るい   なっ   ます」。

広報 担当:

世界 本部: David A. Semonian, 広報 オフィス,1–718–560–5000

スリランカ: Nidhu David, 94–11–2930–444

日本: 松永 一樹,046–233–0005 (81–46–233–0005)