アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015年10月20日
ガーナ

ガーナでの洪水 エホバの証人は迅速に対応する

 ガーナ,アクラ  2015  8  末,エホバ  証人  ガーナ  首都 アクラ  行なっ    洪水 救援 活動  終了  まし た。今回  洪水  より 大きな 被害  生じ,200   超える 人々  亡くなり まし た。

水位  ここ まで   こと  示す 地元  エホバ  証人。この   住む 証人  避難  た。

エホバ  証人  亡くなっ     ませ  でし  が,250  余り  避難  余儀なく され まし た。洪水 発生  翌日  ある 6  4 日,エホバ  証人  ガーナ 支部 災害 救援 委員  発足   ます。そして,被災   当面  必要  満たす こと  重き  置き,毛布  衣類    供給  まし た。また 救援 委員  は,浸水   家屋  清掃  修理  取り決め まし た。アクラ 地区  証人 たち は,被災   仲間  ため  自宅  一時   開放 する こと  より 支援  行ない まし た。

災害 救援 委員   司会  ドス  アメフォール(左端)が,アクラ  マディナ  ある アティマン  王国 会館  マットレス  配布  監督   いる ところ。

洪水  原因  発生   ガソリンスタンド  爆発  より,アダブラカ 地区  水道   破壊    ため,その 地区     供給  寸断    しまい まし た。それで,ガーナ 支部  アダブラカ  ある エホバ  証人  王国 会館(崇拝  場所)に 給水 タンク  設置 し,証人 たち  近隣  住民  利用 できる よう   まし た。

6  6  土曜 日,支部  エホバ  証人  医師 5   看護  2   成る 2   医療 チーム  派遣 し,アラジョ 地区  アダブラカ 地区  いる 証人 たち    被災   ケア  行ない まし た。医療 チーム は,マラリア,胸部 感染 症,下痢 など  様々  治療  当たり まし た。支部  地元  エホバ  証人  代表  仲間  証人 たち  訪問 し,慰め  聖書 から  励まし  与え まし た。

治療 施設    使用      アダブラカ  王国 会館  いる 3   医師  2   看護 師。

ガーナ  エホバ  証人  スポークスマン,ナサニエル  グベデマ  こう コメント    ます。「アクラ   洪水  よっ  生じ  被害  亡くなら   方々  こと  思う    痛み ます。世界    地域  いる エホバ  証人  行なっ    よう に,わたしたち  今回 被災   地域  方々  感情 的,身体 的,霊的 必要  こたえる ため,できる 限り  こと  行なっ   ます」。

広報 担当:

世界 本部: J. R. Brown, 広報 オフィス,tel. + 1 718 560 5000

ガーナ: Nathaniel Gbedemah, tel. + 223 30 701 0110

日本: 松永 一樹,046‐233‐0005 (+ 81 46 233 0005)