内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年10月20日
ガーナ

ガーナでの洪水 エホバの証人は迅速に対応する

ガーナ,アクラ20158末,エホバ証人ガーナ首都アクラ行なっ洪水救援活動終了ました。今回洪水より大きな被害生じ,200超える人々亡くなりました。

水位ここまでこと示す地元エホバ証人。この住む証人避難た。

エホバ証人亡くなっませでしが,250余り避難余儀なくされました。洪水発生翌日ある64日,エホバ証人ガーナ支部災害救援委員発足ます。そして,被災当面必要満たすこと重き置き,毛布衣類供給ました。また救援委員は,浸水家屋清掃修理取り決めました。アクラ地区証人たちは,被災仲間ため自宅一時開放することより支援行ないました。

災害救援委員司会ドスアメフォール(左端)が,アクラマディナあるアティマン王国会館マットレス配布監督いるところ。

洪水原因発生ガソリンスタンド爆発より,アダブラカ地区水道破壊ため,その地区供給寸断しまいました。それで,ガーナ支部アダブラカあるエホバ証人王国会館(崇拝場所)に給水タンク設置し,証人たち近隣住民利用できるようました。

66土曜日,支部エホバ証人医師5看護2成る2医療チーム派遣し,アラジョ地区アダブラカ地区いる証人たち被災ケア行ないました。医療チームは,マラリア,胸部感染症,下痢など様々治療当たりました。支部地元エホバ証人代表仲間証人たち訪問し,慰め聖書から励まし与えました。

治療施設使用アダブラカ王国会館いる3医師2看護師。

ガーナエホバ証人スポークスマン,ナサニエルグベデマこうコメントます。「アクラ洪水よっ生じ被害亡くなら方々こと思う痛みます。世界地域いるエホバ証人行なっように,わたしたち今回被災地域方々感情的,身体的,霊的必要こたえるため,できる限りこと行なっます」。

広報担当:

世界本部: J. R. Brown, 広報オフィス,tel. +1 718 560 5000

ガーナ: Nathaniel Gbedemah, tel. +223 30 701 0110

日本: 松永一樹,046‐233‐0005 (+81 46 233 0005)