内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年5月17日
カザフスタン

カザフスタン当局は病身のエホバの証人の男性を投獄し,当人の崇拝を禁じる

【​カザフスタン,アルマトイ​】​2017​年​5​月​2​日,カザフスタン​の​首都​アスタナ​に​ある​裁判​所​は​テイムル​・​アフメドフ​に​対し,当人​が​行なっ​て​い​た​平和​的​な​聖書​教育​活動​が「宗教​的​不和​を​引き起こし」,「[宗教​的]優越​性​を​主張​し​た」もの​と​し,5​年​の​実刑​を​宣告​し​まし​た。この​実刑​に​加え,裁判​官​は​さらに​アフメドフ​氏​に​対し​3​年​間​の​聖書​教育​活動​禁止​を​命じ​まし​た。夫​で​あり,3​人​の​息子​たち​の​父親​で​も​ある​61​歳​の​アフメドフ​氏​は,血腫​を​患っ​て​おり​治療​が​必要​な​状態​で​ある​に​も​かかわら​ず,必要​な​治療​を​認め​られ​ず​に​いる​ため,この​判決​に​より​とても​危険​な​状況​に​置か​れ​ます。アフメドフ​氏​は​上訴​する​予定​です。その​訴え​は​おそらく​5​月​下旬,もしくは​6​月​上旬​に​審理​さ​れる​もの​と​思わ​れ​ます。

この​判決​は​カザフスタン​に​おける​法律​上​の​不穏​な​動き​を​示す​最新​の​出来事​です。それ​は​2017​年​1​月​18​日,カザフスタン​の​国家​保安​委員​会​が,物議​を​醸し​て​いる​カザフスタン​刑法​第​174​条​2​項​に​基づき,アフメドフ​氏​を​逮捕​・​起訴​し​た​こと​から​始まり​まし​た。それ​から​アフメドフ​氏​は​数​か月​間​に​わたっ​て​勾留​さ​れ​て​おり,治療​は​認め​られ​ませ​ん​でし​た。エホバ​の​証人​の​世界​本部​の​スポークスマン​で​ある​デービッド​・​A​・​セモニアン​は​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「世界​中​の​エホバ​の​証人​は​テイムル​の​福祉​を​たいへん​気​に​かけ​て​い​ます。わたしたち​は,当局​が​これら​の​不当​な​訴え​を​終わらせ,最終​的​に​は​この​忠実​な,法律​を​遵守​する​クリスチャン​で​ある​彼​が,家族​と​再会​し,緊急​に​必要​と​し​て​いる​治療​を​受け​られる​よう​に​なる​こと​を​願っ​て​い​ます」。

アスタナ​の​裁判​所​の​動向​を​見る​限り,カザフスタン​に​よる​宗教​上​の​迫害​は​ロシア​に​倣っ​た​もの​だ​と​考え​られ​ます。ロシア​連邦​最高​裁判​所​は​最近,ロシア​の​エホバ​の​証人​管理​センター​を​解散​さ​せる​判決を​下し​た​ばかり​です。セモニアン​氏​は​こう​説明​し​て​い​ます。「ロシア​に​おける​わたしたち​の​崇拝​に​関する​訴訟​と​同様,表向き​は​テロ​対策​の​ため​に​制定​さ​れ​た​法律​が,わたしたち​の​崇拝​に​不当​に​適用​さ​れ​て​い​ます。テイムル​・​アフメドフ​は​その​犠牲​者​と​なっ​て​しまい​まし​た。国連​規約​人権​委員​会​や『国際​的​な​信教​の​自由​に​関する​米国​委員​会』など​の​国際​団体​が,この​よう​な​法律​の​濫用​に​よっ​て​平和​的​な​崇拝​を​妨害​し​ない​よう,カザフスタン​に​勧告​し​て​い​ます。わたしたち​は​カザフスタン​に​いる​仲間​全員​の​こと​を​心配​し​て​い​ます。世界​中​で​地域​社会​を​援助​する​活動​と​し​て​知ら​れ​て​いる​聖書​教育​活動​を,カザフスタン​で​も​嫌がらせ​を​受ける​こと​なく​行なえる​日​が​来る​こと​を​願っ​て​い​ます。わたしたち​は​皆,この​事件​を​注意深く​見守っ​て​い​ます」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

カザフスタン: Bekzat Smagulov,+​7‐747‐671‐45‐01

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)