内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年7月21日
オーストリア

グーゼン強制収容所の記念施設で除幕されたエホバの証人の記念銘板

 ドイツ,ゼルタース  2014  4  13   日曜 日,オーストリア  グーゼン 強制 収容  記念 施設 で,ある 銘板  除幕   行なわ  まし た。ナチス  よっ  マウトハウゼン 強制 収容   グーゼン  付属 収容   投獄       450   エホバ  証人  記念 する 銘板 です。式典  は,130   超える  たち  出席  まし た。

2014  4  13  に,グーゼン 強制 収容  記念 施設  除幕    記念 銘板

マウトハウゼン 強制 収容   到着   エホバ  証人  対し,司令 隊長 は,聖書 研究  は「だれ  人,ここ から 生き  出る こと  ない」と 脅し まし た。ニューヨーク  ブルックリン エホバ  証人  統治  成員    奉仕   マーティン  ポエツィンガー は,ダハウ,マウトハウゼン,グーゼン  収容   合計 9    投獄  経験  まし た。マウトハウゼン   体験  振り返っ て,こう 語っ  こと  あり ます。「ゲシュタポ  私たち  エホバ   信仰  捨て させ よう   て,あらゆる 方法  試み まし た」。

1945  5 月,グーゼン 強制 収容  にて,解放 直後  マーティン  ポエツィンガー(座っ  いる  たち   から 2  目)と   23   生存 

マウトハウゼン  収容      エホバ  証人    は,グーゼン  付属 収容   送ら      ます。グーゼン 収容   おもに“殺人 収容 所”と   機能 し,毎日 人々  意図  かつ 計画   殺さ  まし た。証人 たち は,強い 信仰  保つ ため  毎晩  人数  集まり,覚え  いる 聖句  つい  話し合い まし た。ある 時,聖書  入手 する こと  でき   で,幾つ   部分  分け  所持 し,交換  合い まし た。証人 たち  ベッド    隠れ,わずか  自由 時間  それ  読み まし た。

証人 たち      聖書  音信  用心深く 伝える こと   まし た。5   ポーランド   囚人  エホバ  証人  聖書 研究  し,証人 たち  特別  作っ    桶(おけ)で ひそか  バプテスマ  受け まし た。フランツ  デッシュ  いう 証人  親衛   ある 将校  聖書  音信  伝え,後  その   エホバ  証人  なり まし た。

ウォルフラム  スルピナ は,オーストリア  エホバ  証人  代表 し,こう 述べ   ます。「マウトハウゼン  グーゼン  収容     エホバ  証人  信仰  勇気  知ら れる こと を,わたしたち  誇り  思い ます。すべて    クリスチャン らしい 同情   親切   もっ  接する  いう 彼ら  決意 は,悪  対する 勝利 です。それ  記念  値する もの  あり,立派  模範  される べき です」。

Media Contact(s):

International: J. R. Brown, Office of Public Information, tel. + 1 718 560 5000

Austria: Wolfram Slupina, tel. + 49 6483 41 3110