内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年8月22日
オーストリア

オーストリアの町で,ナチス政権の犠牲者となった31人のエホバの証人の信仰がたたえられる

テヘルスベルク​町長​ヨハン​・​コーバン​氏(中央)が​テヘルスベルク​記念​銘板​の​除幕​式​を​行なっ​て​いる。隣​に​いる​の​は​ペーター​・​シュトッカー(右)および​ケルンテン​州​知事​の​ペーター​・​カイザー​博士(左)。

【​ドイツ,ゼルタース​】​2017​年​5​月​19​日​の​朝,オーストリア​の​テヘルスベルク​で,ナチス​の​強制​収容​所​で​投獄​または​処刑​さ​れ​た​エホバ​の​証人​を​追悼​する​式典​が​開か​れ​まし​た。この​町​が​主催​し​た​式典​で,「テヘルスベルク​および​周辺​地域​に​おける​国家​社会​主義​の​犠牲​者」と​し​て​31​人​の​証人​たち​を​記念​する​銘板​の​除幕​式​が​行なわ​れ​まし​た。

式典​は,60​人​に​よる「証人​たち​よ,進め!」の​アカペラ​演奏​から​始まり​まし​た。原曲​は,第​二​次​世界​大戦​中​に​ナチス​に​よっ​て​ザクセンハウゼン​強制​収容​所​に​投獄​さ​れ​た​エーリヒ​・​フロスト​が​作曲​し​た​もの​です。この​歌​は​一部​変更​さ​れ​て​い​ます​が,現在​も​エホバ​の​証人​の​集会​で​歌わ​れ​て​い​ます。アカペラ​演奏​に​続い​て,ヨハン​・​コーバン​氏(テヘルスベルク​町長),ペーター​・​シュトッカー​氏(テヘルスベルク​出身​で,ナチス​犠牲​者​グレゴール​・​ボールファールト​の​孫​の​一​人),ペーター​・​グステットナー​教授,ビンツェンツ​・​ヨープスト​教授,ペーター​・​カイザー​博士(州​知事)が​出席​し​た​約​350​人​を​前​に​話し​まし​た。オーストリア​の​ニュース​番組​で​ある​ORF 2​や​ORF Kärnten,および​地元​の​新聞​紙​など​が​イベント​を​報道​し​まし​た。

講演​する​ペーター​・​グステットナー​教授

第​二​次​世界​大戦​中,オーストリア​に​い​た​550​人​の​エホバ​の​証人​の​うち​212​人​が​強制​収容​所​へ​送ら​れ​まし​た。政治​的​に​中立​で​あり,戦争​に​加わら​なかっ​た​ため​ドイツ​の​ナチス​政権​へ​の​脅威​と​誤認​さ​れ​た​から​です。強制​収容​所​で​は​囚人​服​に​紫色​の​三角形​を​着ける​こと​が​義務付け​られ​まし​た。ホロコースト​で​オーストリア​人​の​エホバ​の​証人​が​合計​154​人​亡くなり​まし​た。

記念​銘板​が​設置​さ​れる​前,テヘルスベルク​出身​で,ナチス​に​よる​犠牲​者​で​ある​5​人​の​エホバ​の​証人(ヨハン​・​シュトシール,アントン​・​ウラーン,グレゴール​・​ボールファールト,グレゴール​・​ボールファールト​・​ジュニア,ビリバルト​・​ボールファールト)が​戦争​記念​碑​に「行方​不明​者」と​誤っ​て​刻ま​れ​て​い​まし​た。この​銘板​の​意義​に​つい​て,グステットナー​教授​は​こう​説明​し​て​い​ます。「この​銘板​は​歴史​的​真実​を​際立た​せ​て​い​ます。たぐいまれ​な​勇敢​さ​と,一​点​の​曇り​も​ない​信仰​を​もっ​て​非​人道​的​な​社会​制度​に​対抗​する​こと​の​道徳​的​正しさ​を​立証​し,最終​的​に​は​勝者​と​なっ​た​人​たち​を​今,正式​に​記念​できる​よう​に​なり​まし​た」。

テヘルスベルク​の​記念​銘板​は,第​二​次​世界​大戦​中​に​ナチス​に​よっ​て​処刑,投獄,または​虐待​さ​れ​た​31​人​の​エホバ​の​証人​を​記念​し​て​いる。銘板​は​フランツ​・​ボールファールト​の​詩​を​一部​引用​し​て​おり(下​の​囲み​を​参照),戦争​記念​碑​に「行方​不明​者」と​記さ​れ​て​い​た​テヘルスベルク​出身​の​5​人​の​エホバ​の​証人​の​名前​も​刻ま​れ​て​いる。

オーストリア​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​ヨハン​・​ツィンメルマン​は​こう​述べ​て​い​ます。「激しい​迫害​に​面し​た​エホバ​の​証人​の​勇敢​さ​と​信仰​を​たたえる​この​よう​な​式典​が​開催​さ​れ​た​こと​に​感謝​し​て​い​ます。この​イベント​を​通し​て,国家​が​少数​派​グループ​を​脅威​と​誤認​し​た​場合​に​生じ​える​残酷​な​行為​の​結末​を​思い起こす​機会​に​なる​こと​を​願い​ます」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

オーストリア: Johann Zimmermann,+​43‐1‐804‐53‐45

ドイツ: Wolfram Slupina,+​49‐6483‐41‐3110

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)