アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2016年10月21日
イタリア

イタリア地震後に人々を励ますエホバの証人

 ローマ  2016  9  中,エホバ  証人  世界   キャンペーン  行ない,「慰め  どこ から?」と いう  の「ものみの塔」誌  配布  まし た。証人 たち は,イタリア 中部  聖書  基づく 慰め  与える ため  特別  努力  払い まし た。そこ  2016  8  24 日,マグニチュード 6.2  地震  襲っ  場所 です。ラツィオ,マルケ,ウンブリア 地区  は,およそ 300   亡くなり,2000  以上  避難  まし た。

イタリア  エホバ  証人  スポークスマン  ある クリスチャン  ディ  ブラシオ  こう 述べ   ます。「この 世界   キャンペーン  あらゆる 状況  置か   いる 人々  励ます こと  意図   もの です が,ここ イタリア   特に,地震  被災   救援 活動  携わる 人々  直面 する 困難  注意  向け まし た」。

最も 大勢  死傷       ある アマトリーチェ  被災   エホバ  証人      いる。

災害  起き  地域   15  エホバ  証人  会衆  あり ます が,亡くなっ たり 重傷  負っ たり   証人  1    ませ  でし た。しかし,3   家屋  倒壊 し,損傷   家屋  あり まし た。自宅  損傷   いる 証人 たち も,この 雑誌  用い  近隣  人々  励ます ため  進ん  活動     こと を,ディ  ブラシオ   伝え   ます。被災     証人 たち  被害  遭っ  人々  会話 する 努力  払い まし た。ディ  ブラシオ   こう 述べ   ます。「証人 たち は,聖書  メッセージ  生活  前向き  し,励み  与える もの   感じ   ます。それで,地域  苦しん  いる   できる 限り この 慰め  与え たい  思っ  いる  です」。

広報 担当:

世界 本部: David A. Semonian, 広報 オフィス, 1–718‐560‐5000

イタリア: Christian Di Blasio, 39–06–872941

日本: 松永 一樹,046‐233‐0005 (81–46–233–0005)