内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年12月2日
イタリア

イタリアの刑務所内に「王国会館」ができる

ローマミラノから15キロ位置するボッラーテ刑務職員たちは,エホバ証人行なっいる社会奉仕活動評価し,証人たち専用広い部屋提供ました。崇拝場所ある「王国会館」と使用できるようするためです。

刑務責任あるマッシモパリージ博士は,ボッラーテ刑務理念受刑更生あるて,次よう語っます。「我々目標1は,みんな希望取り戻させることです。そのため様々方法用います。神様畏敬気持ち育むことも,とても大切方法1です」。これまで13わたって,エホバ証人受刑無料聖書レッスン提供すること許可ました。この取り組み結果関して,パリージ博士こう述べます。「証人たちは,何わたしたち協力くれました。彼ら提供する聖書教育よっ好ましい変化遂げ受刑ます。……それで,受刑最大限良い方向変化できるよう,証人たち使用できるスペース刑務設置する良い考えました」。証人たち主催する集会100以上受刑出席が,ここか月2ありました。

ボッラーテある刑務外観

イタリアエホバ証人スポークスマンあるクリスチャンディブラシオこう述べます。「ボッラーテ刑務職員皆さんが,刑務崇拝場所積極設けくださっこと感謝ます。これから良い協力関係もと,受刑内面必要合わせ聖書教育プログラム提供できること楽しみます」。

広報担当:

世界本部: David A. Semonian,広報オフィス,+1‐718‐560‐5000

イタリア: Christian Di Blasio,+39‐06‐872941

日本: 松永一樹,046‐233‐0005(+81‐46‐233‐0005)