内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年8月29日
アンゴラ

アンゴラのエホバの証人の大会で有毒ガスがまかれる

2017​年​8​月​25​日,金曜​日​の​朝,アンゴラ​の​首都​ルアンダ​に​ある​エホバ​の​証人​の​ビアナ​大会​ホール​の​本​会場​と​トイレ​施設​で​有毒​ガス​が​まかれ,出席​者​405​人​が​意識​を​失い​まし​た。有毒​ガス​に​致死​性​は​なく,幸い​に​も​死者​は​出​ませ​ん​でし​た。被害​者​は​地元​の​病院​へ​搬送​さ​れ,ほとんど​が​治療​を​受け​て​数​時間​以内​に​病院​を​後​に​し​まし​た。事件​は​地元​の​当局​者​たち​に​よっ​て​捜査​さ​れ​て​おり,同日​の​午後​に​は​3​人​の​男​たち​が​逮捕​され​身柄​を​拘束​さ​れ​まし​た。

ルアンダ​に​ある​エホバ​の​証人​の​支部​事務​所​は,被害​者​全員​が​快方​に​向かっ​て​いる​と​報告​し​て​い​ます。注目​す​べき​こと​に,出席​者​は​パニック​に​陥ら​ず,協力​し​て​被害​者​を​介助​し​まし​た。地元​警察​の​勧め​に​応じ​て,金曜​午後​の​大会​は​中止​さ​れ​まし​た​が,翌​8​月​26​日(土曜​日)と​8​月​27​日(日曜​日)の​大会​は​大きな​事件​も​なく​無事​に​再開​さ​れ​まし​た。出席​者​は​最高​で​1万2000​人​を​超え,188​人​が​バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

アンゴラ: Todd Peckham,+​244‐923‐166‐760

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)