【​ニューヨーク​】​2015​年​8​月​から​10​月​に​かけ​て,米国​ニューヨーク​州​ウォーウィック​で​は,エホバ​の​証人​の​新しい​世界​本部​の​建設​工事​が​ピーク​を​迎え​まし​た。その​期間​中,毎日​3800​人​も​の​奉仕​者​が​この​プロジェクト​に​参加​し​た​の​です。

建設​の​ピーク​時​に​は,3800​人​余り​の​奉仕​者​を​現場​へ​送迎​する​ため​毎日​40​台​も​の​バス​が​使用​さ​れ​た。

8​つ​もの​一時​的​な​食堂​が​設け​られ,奉仕​者​に​食事​が​提供​さ​れ​た。

2013​年​7​月​の​着工​以来,1万8000​人​を​超える​証人​たち​が​アラスカ​や​ハワイ​を​含む​米国​各地​から​やっ​て​来​て​工事​に​携わっ​て​き​まし​た。毎週​末,およそ​400​人​から​500​人​の​新た​な​奉仕​者​が​到着​し,工事​の​ピーク​時​に​は​その​数​が​優​に​700​人​以上​に​跳ね上がり​まし​た。それら​奉仕​者​の​大部分​は​1​週​間​から​4​週​間​の​割り当て​を​受け​て​働き​ます。

ウォーウィック​の​建設​プロジェクト​委員​会​の​司会​者​リチャード​・​ディバイン​は​こう​話​し​ます。「毎日​数千​人​の​人​が​働く​の​で,現場​は​すぐ​混雑​し​て​しまい​ます。組織​し​効率​的​に​動ける​よう​に​する​ため,昼間​に​働い​て​い​た​奉仕​者​の​うち​400​人​が​午後​3​時​から​午前​2​時​まで​働く,と​いう​取り決め​が​設け​られ​まし​た」。この​2​交替​制​の​シフト​は​5​月​から​9​月​まで​続け​られ​まし​た。

夕焼け​を​背景​に​望む​新しい​世界​本部​の​正面​玄関。

建設​プロジェクト​委員​会​の​報告​に​よる​と,4​つ​の​宿舎​棟​の​うち​2​つ​が​当初​の​予定​どおり​2016​年​1​月​まで​に​完成​し​ます。しかし,ディバイン​氏​に​よる​と,「奉仕​者​が​大変​よく​協力​し​努力​を​払っ​て​いる​おかげ​で,プロジェクト​全体​は​予定​より​4​か月​早く​進ん​で​い​ます」。残り​の​宿舎​棟,オフィス​や​メンテナンス​関係​の​建物​は,今​の​ところ​2016​年​9​月​1​日​まで​に​完成​する​見込み​です。

新しい​世界​本部​の​上空​から​の​眺め。

広報​担当:

世界​本部: J. R. Brown, 広報​オフィス,tel. +​1 718 560 5000

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005 (+​81 46 233 0005)