内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年5月22日
アメリカ合衆国

好評を博した新しい世界本部のオープンハウス

【​ニューヨーク​】​2017​年​4​月​29​日,ニューヨーク​州​ウォーウィック​に​ある​新しい​世界​本部​で,エホバ​の​証人​は​特別​な​オープンハウス(一般​公開)イベント​の​2​回​目​を​開催​し​まし​た。1​回​目​より​大勢​の​人​が​来場​し​まし​た。

今回​の​出席​者​数​は​468​人​で,前​の​週​の​土曜​日​と​比べ​て​18​%​の​増加​でし​た。本部​の​施設​監督​で​ある​トロイ​・​スナイダー​は​こう​語っ​て​い​ます。「町​役場​の​人​を​含め,近所​の​大勢​の​方​が​完成​し​た​施設​を​見学​し​て​くれ​た​こと​に​感激​し​まし​た。先週​の​オープンハウス​を​体験​し​た​上​で​2​回​目​も​参加​し​た​方​たち​が​い​まし​た」。

2​週​続け​て​土曜​日​の​午前​10​時​から​午後​4​時​まで​開催​さ​れ​た​オープンハウス​に​は,合計​863​名​が​出席​し​まし​た。スナイダー​氏​は​こう​述べ​て​い​ます。「オープンハウス​は​大​成功​でし​た。出席​さ​れ​た​方​たち​から​たくさん​の​好意​的​な​コメント​を​いただき​まし​た。地域​の​皆さん​が,施設​や​ミュージアム​の​見学​に​また​来​て​くださる​の​を​楽しみ​に​し​て​い​ます」。

イングリッド​・​マガール

近く​の​ニューヨーク​州​タキシード​・​パーク​に​住む,イングリッド​・​マガール​も​この​イベント​に​招待​さ​れ​まし​た。彼女​は,以前​この​場所​に​あっ​た​インターナショナル​・​ニッケル​と​いう​会社​の​冶金​研究​室​で​18​年​勤務​し​て​い​まし​た。その​時​の​様子​を​知っ​て​いる​マガール​氏​は​この​よう​に​コメント​し​て​い​ます。「ここ​の​出来栄え​に​満足​し​て​い​ます。ずっ​と​放置​さ​れ​て​い​た​の​で,どう​なる​の​か​しら​と​思っ​て​い​まし​た。この​美しい​場所​を,より​美しく​し​て​ください​まし​た​ね」。さらに,現在​の​居住​者​に​つい​て​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「あなたたち[エホバ​の​証人]は​いい​方​たち​です​ね。思いやり​が​あっ​て,親切​で,環境​の​こと​も​コミュニティー​の​こと​も​気​に​かけ​て​い​ます。皆さん​が​近所​に​い​て​くれ​て​とても​うれしい​です」。

ウィリアム​・​ホッペ

ウォーウィック​町​の​依頼​で,建設​プロジェクト​の​最後​の​2​年​間​検査​を​担当​し​た​エンジニア,ウィリアム​・​ホッペ​は​こう​述べ​て​い​ます。「最高​基準​の​仕事​を​目指し​て​い​た​の​は​明らか​でし​た。……それ​は​出来栄え​に​表われ​て​い​ます」。さらに​こう​語り​まし​た。「建設​と​その​後​の​メンテナンス​で,エコシステム​と​環境​に​払わ​れ​た​配慮​の​深さ​に​ただただ​感心​し​て​い​ます。全体​的​に“エコ​意識”が​とても​高かっ​た​と​思い​ます。ほか​の​建設​プロジェクト​に​とっ​て​最高​の​お手本​です」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)