アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014年9月8日
アメリカ合衆国

1940年の歴史的な最高裁訴訟で注目を集めた少女リリアン・ゴバイタス・クローゼが90歳で亡くなる

1940年の歴史的な最高裁訴訟で注目を集めた少女リリアン・ゴバイタス・クローゼが90歳で亡くなる

 ニューヨーク  2014  8  22 日,ジョージア  フェイエットビル  自宅 で,リリアン  ゴバイタス  クローゼ  90   亡くなり まし た。国旗 敬礼   ない  いう 決定 ゆえ に,米国 最高 裁判  訴訟  中心  なっ  人物 です。

ウィリアム  ヘンリー  ゴバイタス(左端),ウォルター  ゴバイタス,リリアン  ゴバイタス。国旗 敬礼  行なわ ない ため 子ども たち  放校    後。1935 年。

リリアン  ゴバイタス  マイナーズビル 教育 委員   宛て  書い た,信仰  弁明 する 手紙。1935 年。

エホバ  証人  ある リリアン  ゴバイタス    ウィリアム は,1935  10  6   全国 ラジオ 放送 で,偶像 礼拝  禁じる 聖書  命令  取り上げ  番組  聞き,国旗 敬礼  行なわ ない こと  自分 たち  決定  まし た。その よう  立場  取っ  ため,数   後,2   放校   まし た。父親  ウォルター は,子ども たち  権利  保護 する ため 訴訟  起こし,地方 裁判   勝訴  まし た。しかし,教育 委員   最高 裁判   上訴   結果,1940  6  3 日,この マイナーズビル 学区 対 ゴバイティス 事件(裁判   記録  つづり  間違い  より「ゴバイティス」と なっ  いる)は,ゴバイタス 一家  不利  判決  終わり まし た。3    1943 年,国旗 制定 記念   ある 6  14  に,ウェスト  バージニア  教育 委員 会 対 バーネット 事件  判決  おい て,最高 裁判   1940   ゴバイティス 事件  判決  覆し,エホバ  証人  子ども たち  復学  許可  まし た。米国  歴史 上,最高 裁判   自ら 下し  判断  これ ほど  期間  覆し    初めて  こと でし た。

リリアン  ゴバイタス は,1923  11  2 日,ペンシルバニア   マイナーズビル で,ウォルター  ゴバイタス  ルース  ゴバイタス     生ま  まし た。そして,1935  3  14   エホバ  証人    バプテスマ  受け まし た。20   時,聖書 教育 活動   時間 携わる 奉仕 者(エホバ  証人  正規 開拓   呼ん  いる)に なり,その  1946  2  から 1953  4  まで,ニューヨーク  ブルックリン  ある エホバ  証人  世界 本部  働き まし た。

リリアン    エルビン  クローゼ。オーストリア  ウィーン  宣教  奉仕      ころ。1954 年。

ゴバイタス さん は,1951   ヨーロッパ  開催    エホバ  証人  大会  出席   際,エホバ  証人  ドイツ 支部 事務   エルビン  クローゼ  出会い まし た。ニューヨーク  サウスランシング  開か  た,エホバ  証人  宣教   学校,ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校  クローゼ   通っ  いる   2   交友  続き まし た。クローゼ   1952   卒業 し,オーストリア  ウィーン  任命   まし た。ゴバイタス さん  1954  2  に,同じ 学校  卒業  まし た。

1954  3  24 日,ゴバイタス さん  クローゼ   ウィーン  結婚 し,オーストリア    宣教  奉仕  行ない まし た。しかし,クローゼ   健康 状態  悪化 し,2   その   終わり  米国  戻り まし た。クローゼ   かつて,エホバ  証人  ある ゆえに ナチス  強制 収容   残忍  扱い  受け,その 後遺   苦しん   まし た。後  2   は,スティーブン  ポール  ジュディス  デボラ  いう 2   子ども  生ま  まし た。1967 年,クローゼ 一家  ジョージア   リバーデイル  引っ越し,家族  聖書 教育 活動  熱心  携わり まし た。

遺族  は,娘  ジュディス  クローゼ,姉妹  ジーン  フライ  グレース  ライニッシュ,兄弟  ポール  ゴバイタス   ます。ゴバイタス  クローゼ さん は,夫,両親,兄弟  ウィリアム  ゴバイタス,姉妹  ジョイ  ユベタ,息子  スティーブン  ポール  クローゼ  先立た    まし た。

広報 担当:

世界 本部: J. R. Brown,広報 オフィス,tel. + 1 718 560 5000

日本: 松永 一樹,046‐233‐0005 (+ 81 46 233 0005)