内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年11月1日
アメリカ合衆国

歴史的建造物タワーズ・ホテルの売却成立

【​ニューヨーク​】​10​月​31​日,エホバ​の​証人​は,ブルックリン​・​ハイツ​歴史​地区​に​ある​クラーク​通り​21​番​の​16​階​建て​宿舎​棟​の​売却​手続き​を​終え​まし​た。エホバ​の​証人​は​40​年​以上​に​わたり,この​ロマネスク​様式​の​元​ホテル​を​所有​し,管理​し​て​き​まし​た。

元々​この​建物​は​レベリッチ​・​タワーズ​・​ホテル​と​呼ば​れ,1928​年​に​オープン​し​まし​た。その​後​ま​も​なく,タワーズ​・​ホテル​と​改名​さ​れ,「ブルックリンホテル​界​の​貴​婦人」と​し​て​宣伝​さ​れ​まし​た。有名​人​が​常連​客​と​なり​まし​た。ところが,1970​年代​に​は​荒れ果て​た​状態​に​なっ​て​い​まし​た。

証人​たち​は​増え​続ける​世界​本部​の​ベテル​家族​の​住まい​を​確保​する​ため,ホテル​の​幾つ​か​の​階​を​賃借り​し​て​い​まし​た​が,1975​年​に​この​建物​を​買い取り​まし​た。証人​たち​が​所有​し​て​い​た​期間,建物​は​2​度​改装​さ​れ​まし​た。最初​の​改装​は​1978​年,2​度​目​は​1998​年​です。

エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​デービッド​・​A​・​セモニアン​は​こう​述べ​て​い​ます。「ブルックリン​・​ハイツ​に​住ん​で​い​た​わたしたち​に​とっ​て,タワーズ​は​ただ​の​ランドマーク​と​し​て​で​は​なく,美しく​て​快適​な​住まい​と​し​て​記憶​に​残る​こと​でしょ​う。今回​の​取り引き​に​よっ​て,また​1​つ,ブルックリン​に​おける​わたしたち​の​歴史​が​幕​を​下ろす​こと​に​なり​ます」。

2016​年,エホバ​の​証人​の​世界​本部​は​ニューヨーク​州​ウォーウィック​に​移転​し​まし​た。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)