内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年4月28日
アメリカ合衆国

エホバの証人の新しい世界本部のオープンハウスに約400人が来場

【​ニューヨーク​】​先週​の​土曜​日,エホバ​の​証人​は,ニューヨーク​州​ウォーウィック​に​最近​建設​さ​れ​た​世界​本部​で,2​回​の​特別​な​オープンハウス(一般​公開)イベント​の​うち​の​第​1​回​を​開催​し​まし​た。本部​の​施設​監督​で​ある​トロイ​・​スナイダー​は​こう​述べ​て​い​ます。「週日,毎日​平均​1150​人​の​見学​者​が​本部​を​訪れ​ます。でも​わたしたち​は,建設​中​に​支え​て​くださっ​た,エホバ​の​証人​で​は​ない​近隣​の​皆さん​や​他​の​方々​に​特別​な​感謝​を​表わす​ため,2​週末,施設​を​開放​し​たい​と​思い​まし​た」。

土曜​日​の​オープンハウス​に​は,地元​の​方々​205​人​に​加え,メーカー​や​建設​業者​から​190​人,合計​395​人​が​出席​し​まし​た。軽食​が​用意​さ​れ,来場​者​は,短い​ビデオ​上映​と​その​後​の​質疑​応答​も​含む,40​分​ほど​の​施設​見学​を​し​まし​た。

ニューヨーク​州​タキシード​・​パーク​在住​で​同町​樹木​諮問​委員​会​の​メンバー,クリストファー​・​ガウ

近く​の​タキシード​・​パーク​に​住む,クリストファー​・​ガウ​は​こう​語っ​て​い​ます。「とても​興味​が​あっ​た​の​で,施設​を​見学​する​招待​を​いただけ​て​うれしい​です。建設​プロジェクト​に​つい​て​知っ​て​は​い​まし​た​が,非常​に​静か​で​丁寧​な​作業​だっ​た​の​で,まるで​何事​も​起き​て​い​ない​か​の​よう​でし​た」。

証人​たち​は​新しい​本部​を​スターリング​・​フォレスト​州立​公園​の​ブルー​湖​の​湖畔​に​建設​し​まし​た。その​ため​地元​住民​の​多く​は,建設​期間​中​どの​よう​に​環境​に​対する​配慮​が​払わ​れ​た​の​か​を​特に​知り​たい​と​思っ​て​訪れ​まし​た。

ニューヨーク​大学​の​歴史​学​名誉​教授,ニューヨーク​州​ウォーウィック​町​郷土​史家,リチャード​・​ハル​博士

ニューヨーク​大学​の​歴史​学​の​名誉​教授​で​あり,ウォーウィック​在住​で​郷土​史家​で​も​ある​リチャード​・​ハル​博士​は​こう​述べ​て​い​ます。「この​地域​を​50​年​以上​研究​し​て​き​まし​た。エホバ​の​証人​は​自分​たち​の​目的​達成​と​自然​環境​へ​の​配慮​を​見事​に​両立​さ​せ​まし​た。公園​の​野生​生物​の​必要​さえ​も​考慮​し​て​い​ます」。

タキシード​・​パーク​樹木​諮問​委員​会​の​メンバー​で​も​ある​ガウ​氏​は,施設​を​見学​し​て​こう​述べ​まし​た。「どこ​を​見​て​も​一流​の​仕事​です。証人​たち​は​素晴らしい​働き​を​され​まし​た。環境​に​配慮​し​た​この​施設​は​わたしたち​に​大きな​感化​を​与え,手本​と​なっ​て​い​ます」。

ガイド​付き​ツアー​の​後,参加​者​は​ロビー​の​上下​の​フロア​に​ある,3​つ​の​テーマ​の​展示​を​自由​に​見学​し​まし​た。2​つ​の​展示​で​は,世界​中​の​エホバ​の​証人​の​歴史​と​現代​に​おける​活動​の​記録​を​見る​こと​が​でき,3​つ​目​の​ギャラリー​に​は​希少​な​聖書​や​聖書​関連​の​工芸​品​が​展示​さ​れ​て​い​ます。

ハル​教授​は​次​の​よう​に​まとめ​て​い​ます。「ここ​は​最​先端​の​施設​です。この​建物​に​は​たくさん​の​良い​アイデア​や​ビジョン​が​反映​さ​れ​て​い​ます​ね。まだ​ミュージアム​は​見​て​い​ない​の​で,次回​を​楽しみ​に​し​て​い​ます」。

スナイダー​氏​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたしたち​が​こちら​に​移動​し​て​以来,地域​の​方々​に​よる​支援​と​温かい​歓迎​すべて​に​深く​感謝​し​て​い​ます。それで,この​2​回​の​オープンハウス​は​エホバ​の​証人​で​は​ない​近隣​の​方々​を​対象​に​特別​に​設け​た​もの​です」。招待​さ​れ​た​方​や​近隣​に​住ん​で​いる​方​の​うち​先週​土曜​日​に​出席​でき​なかっ​た​方​の​ため​に,4​月​29​日​土曜​日,午前​10​時​から​午後​4​時​まで,2​回​目​の​オープンハウス​が​予定​さ​れ​て​い​ます。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)