内容へ

ジャーナリスト向けニュースルーム

ピア・ディ・ベネデット医師へのインタビュー

「入念に準備すれば,複雑で大掛かりな手術でさえ,同種血輸血を用いなくても可能であるということが分かりました」。

ピア・ディ・ベネデット医師へのインタビュー

「入念に準備すれば,複雑で大掛かりな手術でさえ,同種血輸血を用いなくても可能であるということが分かりました」。

イタリア

クラウディオ・ロンコ医師へのインタビュー

「輸血は今や例外的な処置になったと言えるでしょう」。

イタリア

パトリツィオ・マッツァ医師へのインタビュー

「リンパ腫や急性白血病を含むさまざまな種類の血液の腫瘍を輸血せずに治療することは十分可能です。欧米で増加している骨髄腫なども無輸血で治療できます」。

イタリア

アルフレード・グリエルミ医師へのインタビュー

「この経験を通して,血液の使用に関して極めて慎重になりました。それには,手術前に患者の状態を安定させること,手術可能な患者をよく見極めること,手術中にあらゆる血液温存法を用いて注意深く管理すること,手術前に貧血を改善しておくことが含まれます」。

カナダ

経験ある5人のカナダ人医師が無輸血治療の進展について語る

最近行なわれたインタビューで,5人の著名な医学教育者が無輸血治療の経験を話します。

韓国

良心的兵役拒否者の期待が高まる中,大法院の公開審理が近づく

2018年8月30日,韓国の大法院は公開審理を行ない,良心的兵役拒否者のための規定を設けるようにという憲法裁判所の指示を検討します。

ロシア

ロシア当局 エホバの証人のかつての支部施設の差し押さえへ

サンクトペテルブルク市裁判所の審理に先立ち,ジャーナリスト,宗教の専門家,2人の弁護士が,ロシア政府によるエホバの証人のかつての支部施設の差し押さえという不公正について語っています。

イタリア

アントニオ・D・ピンナ教授(医師)へのインタビュー

「わたしは,患者を宗教で区別することはできないと考えています。エホバの証人以外にも,輸血を望まない患者がいます」。

イタリア

ルカ・P・ウェルタート医師へのインタビュー

「エホバの証人の患者に関してだけでなく,世界中で,明らかに輸血の削減へとシフトしています。輸血が少ないほど良い結果が得られるという証拠が増えているからです」。

イタリア

マッシモ・P・フランキ教授(医師)へのインタビュー

「わたしは,医師としての経験を通して,エホバの証人には感謝しています。わたしのようなこれまでの手法に従ってきた医師に,血液の使用を減らすことの可能性と重要性を考えさせてくれました」。

イタリア

パドバ大学が無輸血治療の進歩に関する会議を開催

これまで,医療処置や外科手術で複雑な治療が求められる場合,輸血は無害で命を救う唯一の治療法とみなされてきました。今回の会議では,講演者の多くがこうした考えに対して異議を唱えました。

ロシア

ロシア当局,エホバの証人の米国法人が所有する不動産の差し押さえに動く

サンクトペテルブルク市裁判所で,エホバの証人の元国内事務所差し押さえに対する上訴審が行なわれます。

全世界のニュース

エホバの証人の2018年地区大会 5月から順次開催

このイベントに先立って,世界中のエホバの証人は,入場無料のこのプログラムに出席するよう一般の人々を招待する世界的なキャンペーンを行ないます。