内容へ

逆境を乗り越える

エホバの証人は,逆境に面したり身体的な問題があったりしても,人生の喜びや満足感は失われないと感じています。

重い障害があっても前向きでいられる

ビルジニアは閉じ込め症候群になって23年がたちます。聖書の希望のおかげで前向きに考えることができています。

神に仕えることが息子の薬です

オネシマスは生まれた時から,骨がもろくて折れやすい骨形成不全症という病気を患っていました。聖書に記された神の約束は,どのようにオネシマスを元気づけましたか。

弱くても強められています

車椅子での生活を余儀なくされた女性が,自分の信仰によって普通を超えた力を得ています。

エホバは,身に余る祝福を与えてくださいました

フェリクス・アラルコンは,オートバイ事故を起こして首から下が麻痺した後に,人生の真の目的を見いだしました。

神に近づくことはわたしにとって良いことです

サラ・マイガは9歳の時,体の成長は止まりましたが,霊的には成長しました。

まさに必要としていた時に希望を見いだしました

ミクローシュ・レクスは,20歳の時,悲劇的な事故で体が麻痺しました。より良い将来に対する真の希望を見いだすのに,聖書がどのように助けになったでしょうか。

「キングズリーができるなら,わたしもできます!」

スリランカのキングズリーは,幾つもの大きな問題を克服して,数分間の朗読の割り当てを果たしました。

ゆびさきに導かれて生きる

ジェームズ・ライアンは生まれつき耳が聞こえず後に目も見えなくなりました。ジェームズが人生の目的を見いだしたいきさつをご覧ください。

耳は聞こえなくても積極的に真理を伝えました

ウォルター・マーキンは耳が聞こえませんが,エホバに仕えることによって,幸福で充実した人生を送ってきました。

ハイロの目 神に仕える手段

ハイロは,最も重い脳性麻痺と闘っていますが,充実した幸福な生活を楽しんでいます。

両腕はなくても聖書の真理を抱きしめています

ある若者は事故で大きな障害を負いますが,創造者を信じる証拠を見つけます。

『病気のことをくよくよ考えないようにしています』

慢性病の痛みに耐えているイライサは,自分が病気であることを忘れる時さえありますが,それほどの強さをどこから得ているのでしょうか。

信念を貫いた少女

カン・ソンヒは14歳の時,生死にかかわる病状になりましたが,勇敢に立ち向かいました。