内容へ

喜んで自分を差し出した人たち ブルガリア

ブルガリアのエホバの証人は,神と聖書について人々に熱心に教えています。その活動を支援するため,2000年以降,世界中から何百人もの兄弟姉妹がブルガリアに移動してきています。外国に移動して伝道すると,どんな問題にぶつかることがありますか。どんな良い経験ができますか。ブルガリアに移動してきた人たちの声を聞いてみましょう。

目標を立てる

イギリスに住んでいたダレンはこう話しています。「私たちにとって外国の必要な大きな所で奉仕することがずっと目標でした。ドーンと結婚した後,ロシア語を話す人たちに伝道するため,ロンドンに移り住みました。何度か外国に移動する計画を立てましたが,いろいろな理由で実現できませんでした。諦めかけていた頃,今なら状況が変わって移動できるんじゃないかということに友達が気付かせてくれました」。ダレンとドーンは,伝道者の必要が大きくて自分たちが移動できる国を探しました。2人は2011年にブルガリアに移動しました。

ダレンとドーン

外国で奉仕することなど考えてもいなかった人たちも,実際に移動した人たちの楽しそうな話を聞いて触発されました。夫のルカとイタリアに住んでいたジャーダはこう言います。「南米やアフリカで楽しく奉仕している姉妹たちと話す機会がありました。姉妹たちが奉仕の様子を生き生きと話すのを聞いて,すごく感動しました。それがきっかけで外国で奉仕することが目標になりました」。

ルカとジャーダ

チェコのトマシュとベロニカは,2015年に子どものクララとマティアシュと一緒にブルガリアに移り住みました。そうしようと思ったのはなぜでしょうか。トマシュはこう言います。「外国に移住した親族や兄弟姉妹から経験を聞きました。楽しそうな奉仕の様子が家族みんなの心に残り,自分たちも移動できないか話し合いました」。この家族は今,ブルガリアのモンタナ市に引っ越して楽しく奉仕しています。

クララ,トマシュ,ベロニカ,マティアシュ

ブルガリアに移動したリンダはこう話しています。「何年も前にエクアドルに行った時,奉仕のためにそこに移動してきていた兄弟姉妹に会いました。私もいつか必要の大きな所で奉仕したいと思うようになりました」。フィンランドのペッテリと妻のナディアも周囲の人たちから刺激を受けました。2人はこう言っています。「地元の会衆には,別の場所に移動して奉仕した経験のある兄弟姉妹がいました。奉仕の楽しい思い出をいつも話してくれました。人生で一番充実していた時だったと言っていました」。

リンダ

ナディアとペッテリ

移動に向けて準備する

外国で奉仕するには良い計画を立てることが大切です。(ルカ 14:28-30)ベルギーのネレはこう話します。「外国で奉仕することを真剣に考えるようになった時,よく祈って外国での奉仕に関する記事を探しました。その記事を読んで,移動するために自分が何をしないといけないのかを考えました」。

ネレ(右)

ポーランド出身のクリスティアンとイルミナは,ブルガリアで暮らし始めて9年になります。移動前にポーランドでブルガリア語のグループの集会に出席したことが役立ったと感じています。グループの人たちは,ブルガリア語を学ぶのを助けてくれました。クリスティアンとイルミナはこう言っています。「自分をエホバに差し出して,エホバが支えてくださるのを経験できるのは最高です。『ここに私がおります! 私を遣わしてください!』とエホバに言うなら,自分にはとてもできないと思うようなことをエホバがさせてくださいます」。(イザヤ 6:8

クリスティアンとイルミナ

スイス出身のレトと妻のコルネリアは生活をシンプルにしました。移動するための準備を整え,お金をためるためです。こう話します。「移動する1年前に,ブルガリアでの生活がどんなものかを知るために1週間下見に行きました。そこで宣教者のご夫婦と話す機会があり,いろいろアドバイスをもらいました」。そのアドバイスを役立て,レトとコルネリアはブルガリアでこれまで20年以上奉仕しています。

コルネリアとレト,息子のルカとヤニク

壁を乗り越える

外国に移り住むと,新しい環境に順応しなければなりません。時にはそれが壁のように感じられることがあります。(使徒 16:9,10。コリント第一 9:19-23)まず大きな壁となるのは新しい言語を学ぶことです。先ほどのルカもそうでした。こう言っています。「以前は集会のコメントで自分の気持ちを自由に表現できました。でも,移動して最初の頃は,ブルガリア語で簡単なコメントを1つ準備するのも大仕事でした。私たちは2人とも子供に戻ったような気持ちでした。実際には地元の子供たちの方が私たちよりはるかに上手にコメントしていました」。

ドイツから来たラビルはこう言っています。「言語を学ぶのはすごくエネルギーが要ります。それで自分にこう言い聞かせました。『くよくよ考えるのはよそう。間違ったことを言っても笑い飛ばそう』。言語の習得をハードルとではなく,エホバへの神聖な奉仕の一部と考えるようにしています」。

ラビルとリリ

先ほどのリンダも同じような苦労をしました。「自分には語学のセンスはないと思います。ブルガリア語は難しくて何度も諦めそうになりました。言いたいことが言えなくて,みんなが言っていることも分からないと,すごく寂しいです。エホバとの関係が弱まらないように,母語のスウェーデン語で聖書をよく勉強しました。いろいろ苦労しましたが,優しい兄弟姉妹の助けもあって,言語の壁を乗り越えることができました」。

ホームシックも壁となります。家族や友達と遠く離れて会えなくなるからです。夫のヤニスと共にブルガリアに移り住んだエバはこう話します。「最初は寂しかったです。それで,家族や以前の友達とよく連絡を取るようにしました。ブルガリアで新しい友達を作るようにも努力しました」。

ヤニスとエバ

他にもどんな壁があるでしょうか。スイス出身のロベルトとリアナはこう言っています。「言語と文化の違いが大きな壁になりました。それにブルガリアの冬がこんなに寒いとは思いませんでした」。でも2人はポジティブ思考とユーモアのセンスを持つようにして,これまで14年間ブルガリアで奉仕を続けています。

ロベルトとリアナ

祝福

リリは必要の大きな所での奉仕をみんなに勧めたいと思っています。「ここに移動しなければ経験できなかったようなエホバからの助けがあった,と実感しています。他の人のために自分を役立てる機会が増えました。それでエホバをもっと身近に感じることができています。毎日が充実していて楽しいです」。夫のラビルも同じ気持ちです。「最高の生き方です。いろいろな国から経験を積んだ熱心な兄弟姉妹が来ています。そのような仲間と知り合える醍醐味(だいごみ)を味わっています。彼らからたくさんのことを学べました」。

自分を進んで差し出す兄弟姉妹たちは,「王国の良い知らせ」を「世界中で伝え」る活動に大きく貢献しています。(マタイ 24:14)他の人のためにできることをしたいという気持ちでブルガリアに来た兄弟姉妹は,エホバが心の願いをかなえ,計画全てを成功させてくださっていると感じています。(詩編 20:1-4