内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

エホバはわたしを本当に助けてくださいました

クリスタルは子どものころに性的虐待を経験しました。エホバ神との関係を築き,生きる意味を見つけるうえで,聖書のどんな真理が助けになったでしょうか。

神などいないと思っていました

若いころから無神論と共産主義の影響を受けてきた人が,なぜ聖書の価値を認めるようになったのでしょうか。

ゆびさきに導かれて生きる

ジェームズ・ライアンは生まれつき耳が聞こえず後に目も見えなくなりました。ジェームズが人生の目的を見いだしたいきさつをご覧ください。

輸血 ― 医師たちの最近の見解

エホバの証人は,輸血を受け入れないために非難されてきました。ある医療関係者たちは,血に対するエホバの証人の見方についてどう思っているでしょうか。

エホバはわたしを本当に助けてくださいました

クリスタルは子どものころに性的虐待を経験しました。エホバ神との関係を築き,生きる意味を見つけるうえで,聖書のどんな真理が助けになったでしょうか。

神などいないと思っていました

若いころから無神論と共産主義の影響を受けてきた人が,なぜ聖書の価値を認めるようになったのでしょうか。

ゆびさきに導かれて生きる

ジェームズ・ライアンは生まれつき耳が聞こえず後に目も見えなくなりました。ジェームズが人生の目的を見いだしたいきさつをご覧ください。

輸血 ― 医師たちの最近の見解

エホバの証人は,輸血を受け入れないために非難されてきました。ある医療関係者たちは,血に対するエホバの証人の見方についてどう思っているでしょうか。

わたしはライフルを捨てました

慰めとなる聖書の音信は,シンディーが攻撃的な性格を変化させるうえでどのように助けとなったでしょうか。

本当の強さはエホバに仕えることから得られる

エルクレスはある聖句を読んで,気性の荒い性格をいっそう穏やかで優しい,新しい人格に変えることは可能である,と確信しました。

宗教に幻滅していました

トムは神を信じたいと思っていましたが,宗教とその無意味な儀式に幻滅するようになりました。トムが聖書を学んで,希望を見いだしたいきさつをご覧ください。

自分の生き方にうんざりしていました

ドミトリー・コルシュノフはアルコール依存症でしたが,聖書を毎日読むようになりました。生き方を180度変えるようこの男性を動かしたものは何だったのでしょうか。

エホバの証人の患者は輸血を拒むので回復が早い

輸血を拒む患者は生存率が高く,入院期間が短い,ということを示す報告があります。

ペトル・マズニー: 法律学の教授が自分の信仰について語る

ペトルは共産主義体制下で生まれました。創造者の概念をばかげていると考えていました。何が彼の考えを変えたのでしょうか。

どの質問にも聖書から答えが返ってきました

イソリナ・ラメラは,カトリックの修道女を辞めて共産主義の活動家になりましたが,結局,幻滅しました。後にエホバの証人と知り合い,聖書を教えてもらって,人生の目的をはっきり理解しました。

エホバが憐れみ深い方で,許してくださることを知りました

ノルマン・ペルティエにとって,人をだますことは,麻薬のようなものでした。しかし,ペルティエは聖書の一節を読んで涙を流しました。

死にたくありませんでした!

イボンヌ・クォーリーは「自分はなぜ存在しているのだろう」という疑問を抱いていました。その答えがイボンヌの人生を変えました。