内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

英国フォトギャラリー3(2016年9月–2017年2月)

英国フォトギャラリー3(2016年9月–2017年2月)

2016​年​9​月​から​2017​年​2​月​に​かけ​て​行なわ​れ​た​エホバ​の​証人​の​新しい​英国​支部​事務​所​建設​の​進捗​状況​を​ご覧​ください。

2016年9月13日: 支部の工事用地

掘削​機​が​土​を​関節​式​ダンプトラック​に​積ん​で​いる。建設​の​準備​の​ため​に,掘り出さ​れ​た​土​は​敷地​内​の​別​の​場所​に​移さ​れ​た。

2016年9月15日: メイン・サポート・エリア

電気​部門​が​データケーブル​を​固定​し​て​いる。この​建物​は,近く​で​新しい​支部​施設​の​建設​中,仮設​の​事務​所​および​食堂​と​し​て​使用​さ​れる。

2016年9月19日: 支部の工事用地

この​航空​写真​は,新しい​ロータリー​の​輪郭​と​支部​へ​の​連絡​道路​の​大まか​な​位置​を​示し​て​いる。ロータリー​の​左​に​は,池​と​庭​が​整備​さ​れ,地元​の​住民​や​来訪​者​の​展望​エリア​が​作ら​れる​予定。

2016年11月3日: 支部の工事用地

工事​用地​から​集め​られ​た​コンクリート​が​砕か​れ,敷地​内​の​道路​に​再​利用​さ​れる。

2016年11月4日: 支部の工事用地

手前​の​作業​者​は​仮設​道路​と​通常​の​道路​を​建設​し​て​いる。敷か​れ​て​いる​白い​シート​は,ジオテキスタイル​の​膜(道路​の​基礎​を​安定​さ​せる​透水​性​の​素材)で​ある。写真​の​右​奥​で​は,シート​を​敷く​前​に​ロードローラー​が​基礎​を​固め​て​いる。

2016年11月5日: 各地で開かれた支部移転に関する説明会

建設​プロジェクト​委員​会​は​英国​および​アイルランド​の​18​の​地域​で​説明​会​を​企画​し​た。この​写真​は​その​1​つ​の​説明​会​で​ボランティア​たち​が​情報​を​得​て​いる​ところ。1万5000​人​以上​の​エホバ​の​証人​が​これら​の​説明​会​に​参加​し,多く​の​参加​者​が​プロジェクト​に​加わる​こと​を​申し出​た。

2016年11月28日: 支部の工事用地

造園​家​が,新しく​植え​られ​た​セイヨウシロヤナギ​の​根​覆い​を​し​て​いる。敷地​内​に​は​700​本​以上​の​木​が​植え​られ​て​いる。この​調節​池​は​一旦​雨水​を​受け止め,調整​し​て​放流​し,大雨​に​よる​増水​を​抑える​こと​が​できる。

2016年12月5日: 支部の工事用地

霧​がかっ​た​日,整地​の​最終​段階​で,作業​が​大詰め​を​迎え​て​いる。請負​業者​は​計​16万​立法​メートル​ほど​の​土砂​を​掘削​・​運搬​し​た。これ​は,この​写真​に​写っ​て​いる​ダンプトラック​1万​台​の​量​に​相当​する。

2016年12月6日: 支部の工事用地

造園​チーム​が,自生​植物​庭園​の​周囲​に​植える​垣根​の​土壌​を​ならし​て​いる。庭園​と​周囲​の​土地​に​は,11​種類​の​樹木​と​16​種類​の​植物​が​植え​られ​た。すべて,この​地域​に​自生​し​て​いる​種​で​ある。

2016年12月19日: 宿舎棟

左​に​見える​杭​打ち​機​は​基礎​の​穴​を​掘っ​て​いる。まず,真ん中​が​空洞​に​なっ​て​いる​らせん​状​の​ビット​で​地面​に​穴​が​掘ら​れ,ビット​を​抜き​ながら​真ん中​の​空洞​に​コンクリート​が​流し込ま​れる。そして,写真​中央​に​ある​よう​に,流し込ま​れ​た​コンクリート​に​鉄筋​が​挿入​さ​れ​て​基礎​が​完成​する。宿舎​棟​の​基礎​部分​と​し​て,360​本​以上​の​杭​が​打ち込ま​れ​た。

2016年12月29日: 支部の工事用地

霜​が​降り​た​朝,配管​工​が​仮設​事務​所​に​水​を​供給​する​水道​管​を​つなげ​て​いる。

2017年1月16日: 支部の工事用地

水陸​両用​の​掘削​機​が,用地​の​端​に​ある​池​から​泥​と​堆積​物​を​取り除い​て​いる。いくつ​か​の​池​は​状態​が​悪く,修復​作業​が​必要​だっ​た。土手​の​改良​工事​に​より,浸食​を​抑え​洪水​の​リスク​を​軽減​できる。修復​作業​が​行なわ​れる​前,2500​匹​以上​の​魚​が​別​の​池​に​移さ​れ​た。

2017年1月17日: 宿舎棟

用地​の​東側​から​撮ら​れ​た​航空​写真。手前​は,2​つ​の​宿舎​棟​の​初期​基礎​工事​の​様子。右下​で​は,基礎​の​杭​が​見え​て​いる。左下​で​は,コンクリート​の​パイルキャップ​が​打設​さ​れ​て​いる。中央​で​は,杭​打ち​機​が​基礎​の​杭​を​打っ​て​いる。

2017年1月23日: 支部の工事用地

仕上げ​チーム​の​メンバー​が​ビジターセンター​の​ドア​枠​を​塗装​前​に​コーキング​し​て​いる。ここ​で​訪問​者​は​建設​プロジェクト​の​詳細​に​関する​展示​を​見​たり,展望​デッキ​から​建設​の​進捗​状況​を​見​たり​する​こと​が​できる。

2017年2月14日: 宿舎棟

タワークレーン​の​旋回​を​可能​に​する​スルーイングリング​を​吊り上げ​て​設置​し​て​いる。この​クレーン​は​高さ​が​約​40​メートル​で,最大​吊り上げ​能力​は​16​トン​で​ある。

2017年2月15日: 宿舎棟

地面​から​出​て​いる​コンクリート​の​杭​を​必要​な​高さ​に​なる​よう​切っ​て​いる。杭​から​出​て​いる​鉄筋​は,パイルキャップ​打設​の​際​に​パイルキャップ​部分​に​定着​さ​れる。

2017年2月17日: 支部の工事用地

支部​正門​の​両側​に​ある​スレート​壁​の​片方​に,電気​技師​が​JW.ORG​の​サイン​を​取り付け​て​いる。この​サイン​は​両方​の​壁​に​設置​さ​れる。

2017年2月17日: 支部の工事用地

正門​前​の​交通​量​の​多い​道路​に​でき​た​ロータリー​を​上方​から​見る。左上​は,取り付け​られ​た​ばかり​の​JW.ORG​の​サイン​で,支部​の​敷地​で​ある​こと​が​一目​で​分かる​よう​に​なっ​て​いる。調節​池​と​自生​植物​庭園​が​仕上がれ​ば,敷地​へ​の​エントランス​が​完成​する。.

2017年2月24日: 宿舎棟

この​タワークレーン​の​ジブ(腕)の​作業​範囲​は​半径​65​メートル​以内​で,5​つ​の​宿舎​棟​の​うち​の​4​棟​が​建つ​敷地​を​カバー​し​て​いる。手前​で​は​請負​業者​が​宿舎​棟​の​1​つ​の​地下​駐車​場​を​作る​ため​に​コンクリート​を​流し込ん​で​いる。鉄筋​が​配置​さ​れ,建物​の​柱​と​コア​壁​を​作る​準備​が​整っ​て​いる。