アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

ウォーウィックの野生生物保護と環境保全に取り組む

エホバ  証人 は,米国 ニューヨーク  郊外  ある スターリング  フォレスト 湖(ブルー 湖)の 近く に,新しい 世界 本部  建設    ます。現地  野生 生物 保護  環境 保全  どの よう  取り組ん  いる でしょ  か。

建設 現場  周囲  一時   フェンス  設置 し,ヨコシマガラガラヘビ,トウブハコガメ,モリイシガメ  迷い込ま ない よう     ます。フェンス  定期   チェック され,動物  侵入 でき ない よう  なっ   ます。世界 本部 完成 後,この フェンス  撤去  れる 予定 で,施設  近づきすぎ  ガラガラヘビ は,訓練  受け  担当   よっ    場所  安全  移さ  ます。

ルリツグミ

木々  伐採 は,ルリツグミ  巣作り  時期  避け  冬季  行なわ  まし た。営巣  付近   工事 終了   は,ルリツグミ  戻っ   れる よう 巣箱  設ける こと  なっ   ます。

また,10  から 3   かけ  特定  エリア  整地 作業  行ない,絶滅  危惧    いる スクテラリア  インテグリフォリア  種子 が,妨げ られる こと なく 飛散  たり 発芽  たり できる 環境  整え まし た。ウォーウィック  敷地   2007  以来 この 植物  観察     ませ  が,そう     も,この 計画  進め られ   まし た。

建設 現場  すぐ そば  ある スターリング  フォレスト   は,さまざま  種類  水鳥 や,マス,バス,カワカマス,パーチ  いっ    生息    ます。それで,湖  保全  ため,建物  設計    種々  緑化 建築 技術  採用   まし た。例えば,屋根  植物  覆う こと  よっ て,雨水  流出  緩和 し,雨  含ま れる 汚染 物質  ろ過  ます。さらに,湖岸  自生 する 植物  保全  図ら    ます。

この プロジェクト  環境 保全  担当   いる エホバ  証人  こう 述べ ます。「こう   取り組み   余分  計画  時間  求め られ ます が,わたしたち  ウォーウィック  生態   保全  ため 最善  尽くし   ます」。

もっと調べる

エホバの証人の世界本部の移転

1909年以来ニューヨーク市ブルックリンにある世界本部が,ニューヨーク州内の別の土地に移転します。なぜでしょうか。