内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

チェルムスフォードの野生生物を保護する

英国​エセックス​州​チェルムスフォード​近く​で,エホバ​の​証人​の​新しい​支部​事務​所​の​建設​が​始まり​まし​た。景色​の​美しい​この​地域​は,英国​の​野生​動物​および​田園​法(1981)で​指定​さ​れ​て​いる​数​種類​の​野生​生物​の​生息​地​と​なっ​て​い​ます。エホバ​の​証人​は​建設​期間​中,この​保護​法​を​遵守​し,野生​生物​を​保護​する​ため​に​どんな​こと​を​行なっ​て​いる​でしょ​う​か。

“ヤマネブリッジ”を​作っ​て​いる。

ヨーロッパヤマネ​を​建設​現場​から​上手​に​遠ざける​ため,証人​たち​は​現場​から​出る​木材​を​再​利用​し​て​小さな​巣箱​を​作り​まし​た。また​新しい​エントランス​道路​の​上​に,特別​に​デザイン​され​た“ヤマネブリッジ”を​設置​し,低木​が​並ぶ​生け垣​と​ヤマネ​が​生息​し​て​いる​木々​を​つなぐ​ヤマネ​の​通り道​を​確保​し​まし​た。加え​て​証人​たち​は,ヤマネ​の​ため​に​特別​に​作製​さ​れ​た,生け垣​の​メンテナンス​・​プログラム​に​従っ​て​い​ます。毎年​冬眠​の​期間​中,年​ごと​に​異なる​区画​の​生け垣​を​刈り込む​と​いう​もの​です。この​方法​で​メンテナンス​を​する​こと​に​より,ヤマネ​へ​の​影響​は​最小限​に​抑え​られ,生息​地​は​保護​さ​れ,また​様々​な​種類​の​食料​源​が​常​に​確保​さ​れる​こと​に​なり​ます。

ヤマネ​の​巣箱​を​取り付け​て​いる。

証人​たち​は​ヨーロッパヤマカガシ,トカゲ,また​アシナシトカゲ​と​いう​小さな​トカゲ​も​保護​し​て​い​ます。これら​の​爬虫​類(はちゅう​るい)は​一時​的​な​避難​場所​だっ​た​屋根瓦​の​下​から​集め​られ,建設​エリア​から​離れ​た​安全​な​場所​へ​移さ​れ​まし​た。新しい​住みか​に​は​冬眠​の​ため​の​部屋​や​特別​な​フェンス​が​設置​さ​れ​て​い​ます。この​フェンス​は,これら​の​爬虫​類​が​建設​エリア​に​戻っ​て​来​て​被害​を​受け​ない​よう​定期​的​に​点検​さ​れ​て​い​ます。

ヨーロッパヤマネ

ヒナコウモリ​の​夜間​活動​を​妨げ​ない​ため​に,建設​現場​で​は​光​の​拡散​を​抑える​LED​照明​設備​が​使用​さ​れ​て​い​ます。車両​の​動き​を​感知​する​と,コウモリ​の​ため​に​できる​限り​照明​を​落とし​ながら​光​を​照らす​の​です。夜間​に​コウモリ​が​餌​を​探し​に​建設​現場​付近​の​生け垣​へ​頻繁​に​来る​ため,生け垣​の​ほとんど​は​保存​さ​れ,新しく​2.5​キロメートル​余り​の​生け垣​が​作ら​れる​予定​です。現場​から​コウモリ​の​住みか​と​なる​木​を​幾らか​取り除く​必要​が​あっ​た​ため,代わり​に​コウモリ​専用​の​巣箱​が​設置​さ​れ​まし​た。

コウモリ​用​の​巣箱​を​設置​し​て​いる。

証人​たち​は​多く​の​貴重​な​老木​も​守っ​て​い​ます。老木​の​根​が​生育​する​場所​に,工事​車両​や​作業​者​が​立ち入ら​ない​よう​に​し​て​い​ます。老木​は​様々​な​種類​の​無​脊椎​動物,コウモリ,鳥​の​住みか​を​提供​し​て​い​ます。こう​し​た​方法​を​通し​て,証人​たち​は​チェルムスフォード​の​野生​生物​を​これ​から​も​保護​し​て​いく​こと​を​決意​し​て​い​ます。

もっと調べる

今の時代にだれがエホバのご意志を行なっていますか

エホバの証人の支部事務所では何が行なわれていますか

どの支部事務所でも見学ツアーに参加できます。ぜひおいでください。