アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

ウォーウィック・フォトギャラリー 5(2015年9月–2016年2月)

ウォーウィック・フォトギャラリー 5(2015年9月–2016年2月)

エホバ  証人  新しい 世界 本部  建設  2015  9  から 2016  2   かけ  どれ くらい 進ん  か,そして その 間,自発 奉仕   どの よう  建設  支え    フォトギャラリー  ご覧 ください。

ウォーウィック  完成 予想 図。左上 から 時計 回り に:

  1. 車両 メンテナンス 

  2. 来客  駐車 

  3. メンテナンス 棟 / ベテル 家族  ため  駐車 

  4. 宿舎  B

  5. 宿舎  D

  6. 宿舎  C

  7. 宿舎  A

  8. オフィス  サービス 

2015年10月7日: ウォーウィックの建設現場

湿地架ける基礎部分設置するため運んいるところ。トラックから吊り(つり)降ろし緩衝タイヤ使用いる。橋架けることで,湿地デリケート自然環境保護いる。

2015年10月13日: オフィス・サービス棟

緑化工事なさ屋根は,冬休眠変わるセダムいう多肉植物覆わいる。16セダム植えられいる。雨水流出抑制環境保護する緑化屋根は,エネルギー費用抑える有効で,メンテナンス草むしりだけよい。

2015年10月13日: 宿舎棟D

大工居室キッチン装飾モールディング取り付けいるところ。大工部門20162までに,キッチンキャビネット設置する工事60パーセント以上完了た。

2015年10月16日: オフィス・サービス棟

中庭面し展望壁面設置ものみの塔ロゴLED取り付けいるところ。

2015年10月21日: オフィス・サービス棟

夜間に,中庭面し展望エントランスロビーあるオフィスサービス照明点灯いる。展望からウォーウィック建設現場周囲一帯素晴らしい景色見渡せる。

2015年10月22日: ウォーウィックの建設現場

緊急車両通行する整備するため,路床コンクリート流し込んいるところ。写真上部写っいる麻布カバーで,建設期間土壌浸食防いいる。

2015年11月9日: オフィス・サービス棟

事前製作天窓エレベーターロビー設置いる。オフィスサービス11か所天窓あり,建物内部自然差し込むようなっいる。

2015年11月16日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

溶接技術が,冷却システムため炭素鋼管アセチレンガス切断使っ切断いる。

2015年11月30日: オフィス・サービス棟

窓台製作いるところ。水平確認ドライウォール施工後,完成窓枠取り付けられる。

2015年12月17日: ウォーウィックの建設現場

舗装敷石敷設いるところ。写真中央は,白いスクリード2砂利ならしいる。手前は,油圧クランプ取り付け掘削舗装敷石はめ込んいる。写真写っいる白いビニールシートは,土壌浸食防ぐためもの。

2015年12月24日: ウォーウィックの建設現場

変電圧電引いいるところ。この電線ウォーウィック施設電力供給れる。

2016年1月5日: オフィス・サービス棟

来客駐車オフィスサービスつなぐ歩道屋根骨組み完成いるところ。屋根ある訪問よけることできる。

2016年1月5日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

技術ボイラーコントロールパネル設定調整いる。ウォーウィック施設合計4ボイラー設置いる。

2016年2月8日: オフィス・サービス棟

洗濯部門乾燥設置整備いる。乾燥容量6キロから45キロまでさまざま。写真洗濯設置れる。

2016年2月8日: タキシードの施設

統治成員ゲリトレッシュベテル家族の「ものみの塔」研究司会いる。プログラムウォーウィック奉仕するたち住む場所配信いる。

2016年2月19日: 宿舎棟A

インテリア部門宿舎1カーペット運んいる。ウォーウィック施設使用するため,6万5000平方メートル超える面積カーペット注文た。

2016年2月22日: ウォーウィックの建設現場

20159から20162に,宿舎CD建物使用許可取得れ,奉仕住めるようなった。すべて建物エレベーター設置た。宿舎アプローチ道路建設舗装工事含め完了た。穏やかだっため,造園工事前倒し行なわた。

2016年2月24日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

吊り天井クルースティルト使用ながら吊り天井工事いる。壁 / 天井部門は,骨組み,断熱,石膏ボード貼りドライウォール仕上げ,パテ仕上げ,壁貫通防火処理まで担当する。

もっと調べる

仕事を求めても報酬を求めない人たち

過去28年以上にわたり,エホバの証人は120か国で建設のプロジェクトを行なってきました。参加者は無報酬で自分たちの技術や時間を提供します。このユニークな建設プログラムについてお読みください。