内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ウォーウィック・フォトギャラリー 2(2014年9‐12月)

ウォーウィック・フォトギャラリー 2(2014年9‐12月)

新しい 世界 本部  建設  2014  9  から 12   かけ  どれ くらい 進ん    フォトギャラリー  ご覧 ください。

ウォーウィック  完成 予想 図。左上 から 時計 回り に:

  1. 車両 メンテナンス 

  2. 来客  駐車 

  3. メンテナンス 棟 / ベテル 家族  ため  駐車 

  4. 宿舎  B

  5. 宿舎  D

  6. 宿舎  C

  7. 宿舎  A

  8. オフィス  サービス 

2014年9月11日: 来客用駐車場

スタッド使用し,宿舎C屋根トラス事前製作いる。

2014年9月18日: ウォーウィックの建設現場

建設現場南側ある公益事業地役設定土地から眺め。北スターリングフォレスト湖(ブルー湖)を望む。13クレーン同時稼働いる。手前は,宿舎B基礎コンクリート打ち行なわいる。

2014年9月26日: オフィス・サービス棟

この建物使用れる鉄骨梁(はり)や柱。オフィスサービス構造設計採用いるため,柱少ない空間作ることでき,工期短くできる。

2014年10月9日: ウォーウィックの建設現場

事前作ら屋根トラス組み立て,金属ルーフィング防水ボード取り付けて,宿舎C全幅モジュール製作いるところ。左後方は,片屋根モジュール組み立てられいる。

2014年10月15日: オフィス・サービス棟

外部業者南西部分鉄骨組み立ているところ。建物この部分厨房,食堂,洗濯部門,他支援部門入る。

2014年10月15日: ウォーウィックの建設現場

衛生配管工事行なっいる作業ブラシ渡しいるところ。

2014年10月20日: ウォーウィックの建設現場

この実物は,れんが接合方式,モルタル色,れんが外壁積み方法決めるため建てられた。また,れんが積み作業新た参加する作業講習用いられた。写真は,役目終え解体いるところ。

2014年10月31日: 宿舎棟C

事前作ら屋根モジュールクレーンつり上げ,所定場所設置いる様子。宿舎両端ある切り妻屋根は,遠くから建物外観柔らか雰囲気する。

2014年11月7日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

ボイラー燃料タンククレーンつり下ろさいる。タンク1容量9万5000リットル。

2014年11月12日: 宿舎棟C

建物南側様子。写真右端ブルー見える。色合い質感違っ外装仕上げ用いられいるため,建物外観いっそう魅力なっいる。

2014年11月21日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

夫婦配管チーム床版打設備え排水設置いるところ。

2014年11月28日: オフィス・サービス棟

屋上除雪作業行なっいるところ。

2014年12月1日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

夫婦配管チーム図面確認いる。

2014年12月10日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

も,掘削,コンクリート型枠設置,コンクリート打設行なわいる。写真左上見えるオフィスサービス部分強化ビニールシート覆わいる。その冬季間,コンクリート床版打設耐火工事など,温度管理必要作業進んいる。

2014年12月12日: 宿舎棟D

外壁パネル取り付けに,コンクリートスラブ側面防湿塗料塗っいる様子。

2014年12月15日: ウォーウィックの建設現場

上空から西望む。写真上部見える宿舎棟。写真中央白い大きな建物オフィスサービス棟。およそ100ヘクタール及ぶ敷地面積うち,工事面積20満たない。周囲森林手つかずまま残しいる。

2014年12月15日: ウォーウィックの建設現場

上空から現場西側。手前写っいる宿舎C,D。宿舎Cは,外部業者切り妻屋根金属ルーフィング取り付け,仕上げ作業行なっいる。

2014年12月25日: 宿舎棟C

大工モデルルームラミネートフローリング施工いるところ。各部屋は,事前決められ4種類パッケージタイプうち1沿っ仕上げられる。パッケージ塗装色,カーペット,ラミネートフローリング,タイル,調理含まいる。

2014年12月31日: オフィス・サービス棟

排水ため正確勾配作るため,手作業コンクリートスラブ仕上げいるところ。

2014年12月31日: 宿舎棟C

77技術多芯ファイバーケーブル配線行なっいる。プロジェクト終わるまで敷設れるこのタイプケーブル延長は,約32キロメートル及ぶ。

もっと調べる

今の時代にだれがエホバのご意志を行なっていますか

ベテルとは何ですか

ベテルは,重要な目的を果たす特異な場所です。どんな人が奉仕しているのでしょうか。