内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ウォーウィック・フォトギャラリー 1(2014年5‐8月)

ウォーウィック・フォトギャラリー 1(2014年5‐8月)

ニューヨーク​州​ウォーウィック​で​は,エホバ​の​証人​の​新しい​世界​本部​の​建設​が​進ん​で​い​ます。2014​年​5​月​から​8​月​に​かけ​て,車両​メンテナンス​棟,オフィス​・​サービス​棟,宿舎​棟​C,D​の​工事​が​大幅​に​進み​まし​た。この​期間​の​進捗​状況​を​フォトギャラリー​で​ご覧​ください。

ウォーウィック​の​完成​予想​図。左上​から​時計​回り​に:

  1. 車両​メンテナンス​棟

  2. 来客​用​駐車​場

  3. メンテナンス​棟 / ベテル​家族​の​ため​の​駐車​場

  4. 宿舎​棟​B

  5. 宿舎​棟​D

  6. 宿舎​棟​C

  7. 宿舎​棟​A

  8. オフィス​・​サービス​棟

2014年5月1日: ウォーウィックの建設現場

敷地​南西​角​から​の​眺め。北​の​方角​に​は​スターリング​・​フォレスト​湖(ブルー​湖)が​見える。一​番手​前​で​は,宿舎​棟​D​の​基礎​工事​が​進む。湖​の​近く​では​宿舎​棟​C​の​コンクリート​型枠​の​準備​が​行なわ​れ​て​いる。

2014年5月14日: 現場から離れたところにあるプレファブリケーション・センター

“ポッド”と​呼ば​れる​住宅​用​ユニットバスルーム​を​組み立て​て​いる​ところ。ポッド​は​型枠,壁板,簡単​な​配管​や​電気​配線,換気​設備,バスタブユニット​で​でき​て​いる。ポッド​が​建物​の​中​に​据え付け​られ​た​後,仕上げ​工事​が​行なわ​れる。

2014年5月22日: 車両メンテナンス棟

半地下​階​部分​で​配管​作業​が​続く。プロジェクト​期間​中,この​エリア​は​建設​奉仕​者​500​人​を​収容​する​食堂​と​し​て​使用​さ​れる​予定​で,この​建物​の​別​の​エリア​は​300​人​を​収容​できる。プロジェクト​の​終わり​ごろ​に​は,この​一時​的​な​食堂​は​撤去​さ​れ,車両​メンテナンス​棟​と​し​て​使用​する​ため​の​最終​工事​が​行なわ​れる。

2014年6月2日: 車両メンテナンス棟

屋上​緑化​の​ため,特殊​な​配合​の​なさ​れ​た​土壌​を​敷い​て​いる​ところ。屋上​を​植物​で​覆う​こと​に​より,エネルギー​需要​を​抑え,雨水​の​流出​を​抑制​し,雨​に​含ま​れる​汚染​物質​を​ろ過​できる。

2014年6月5日: オフィス・サービス棟

この​建造​物​は​3​つ​の​建物​が​接合​さ​れ​て​完成​し,総​床​面積​は​4万2000​平方​メートル​に​なる。この​写真​は,外部​業者​が​支柱​の​ため​に​鋼​鉄筋​を​組ん​で​いる​様子。

2014年6月18日: 車両メンテナンス棟

アスファルトルーフィング​を​プロパントーチ​で​溶融​し​ながら​貼っ​て​いる。転落​事故​防止​の​ため​安全​ベルト​を​装着​し​て​いる。

2014年6月24日: 宿舎棟C

事前​に​製作​さ​れ​た​ダクト​と​冷暖房​空調​設備​を​設置​し​て​いる。ウォーウィック​の​プロジェクト​で​働く​エホバ​の​証人​の​うち​35​%​は​女性。

2014年7月11日: ニューヨーク州モンゴメリー郡

この​施設​は​倉庫​兼​プレファブリケーション​・​センター​と​し​て​使用​さ​れ​て​いる。プロジェクト​を​支援​する​ため,2014​年​2​月​に​取得​さ​れ​た​場所。建物​内部​は​2万​平方​メートル​ある。写真​右上​部​に​写っ​て​いる​白い​もの​は,出荷​を​待つ​住宅​用​ユニットバスルーム。

2014年7月24日: 宿舎棟C

宿舎​棟​C​の​北東​側​から​写し​た​写真。この​建物​に​は​本部​の​奉仕​者​が​200​名​ほど​入居​できる。ほとんど​の​部屋​の​広さ​は​30​平方​メートル​から​55​平方​メートル​で,キッチン,バスルーム,小さな​バルコニー​が​付い​て​いる。

2014年7月25日: メンテナンス棟 / ベテル家族のための駐車場

整地​作業​が​行なわ​れ​て​いる。写真​左上​部​に​は,掘削​し​た​もの​を​破砕​機​で​砕い​て​いる​様子​が​見える。破砕​さ​れ​た​もの​は​プロジェクト​の​別​の​工程​で​利用​さ​れる。全​プロジェクト​終了​まで​に,ウォーウィック​の​現場​から​約​26万​立方​メートル​の​土​が​搬出​さ​れる。それ​は​一日​平均​で​ダンプカー​23​台​分​に​相当​する。

2014年7月30日: 車両メンテナンス棟

屋上​緑化​工事​が​進む。

2014年8月8日: ウォーウィックの建設現場

大型​クレーン​の​ブーム​から​の​眺め。オフィス​棟​の​上空​から​見下ろす​南西​方向​の​風景。写真​左下​に​は​完成​し​た​来客​用​駐車​場​が​見える。駐車​場​は​毎日​奉仕​者​の​車​で​いっぱい​に​なる。3​日​から​4​日​の​奉仕​の​ため​に,車​で​片道​最長​12​時間​かけ​て​やっ​て​くる​人​も​いる。

2014年8月13日: 車両メンテナンス棟

完成​が​近づく​一時​的​な​食堂。米国​支部​と​通信​回線​で​結ば​れ,テレビモニター(未​設置)と​天井​取り付け​スピーカー​で,朝​の​崇拝​と​他​の​霊的​な​プログラム​を​楽しめる。

2014年8月14日: オフィス・サービス棟

1​階​部分​の​コンクリート​打ち​の​様子。一番​右​の​作業​者​は,コンクリート​振動​機​を​使っ​て​コンクリート​の​中​の​空気​を​抜き,コンクリート​が​隅々​に​まで​しっかり​と​流し込ま​れる​よう​に​し​て​いる。

2014年8月14日: オフィス・サービス棟

建物​中心​部​に​電線​ダクト​を​設置​し,基礎​スラブ​で​覆う​準備​が​進む。

2014年8月14日: オフィス・サービス棟

1​階​部分​の​コンクリート​打ち​が​終わり​に​近づく。これ​まで​の​ウォーウィック​の​プロジェクト​の​中​で​一番​大​規模​な​コンクリート​打ち​で,540​立方​メートル​の​コンクリート​が​使用​さ​れ​た。現場​に​設置​さ​れ​た​バッチャープラント​で​作っ​た​コンクリート​を​ミキサー​車​8​台​で​運び,ポンプ​2​台​を​使っ​て​5​時間​半​に​わたる​コンクリート​打ち​が​行なわ​れ​た。写真​中央​に​見える​の​は,建物​の​階段​棟​の​1​つ。

2014年8月14日: 宿舎棟C

屋根​パラペット​の​設置​工事。写真​の​奥​の​ほう​で​は,宿舎​棟​A​の​基礎​工事​が​進ん​で​いる。

2014年8月15日: 宿舎棟C

完成​し​た​バスルーム​・​ポッド​を​クレーン​で​3​階​部分​に​つり上げ​て​いる​ところ。ウォーウィック​の​プロジェクト​で​は,現場​の​混雑​を​減らし​建設​を​迅速​に​進める​ため,プレファブリケーション​が​幅広く​行なわ​れ​て​いる。

2014年8月20日: 宿舎棟C

外部​業者​が​外壁​を​取り付け​て​いる。エネルギー​効率​の​良い​プレキャストコンクリートパネル​を​使用​し​て​いる。その​パネル​に​は​塗料​を​染み込ま​せ​て​ある​ため,塗装​が​不要​で​メンテナンス​も​ほとんど​いら​ない。設置​も​簡単​で​ある​ため,プロジェクト​を​予定​通り​完成​さ​せる​助け​に​なる。

2014年8月31日: ウォーウィックの建設現場

敷地​南西​角​から​の​眺め。一​番手​前​で​は,宿舎​棟​D​に​おい​て​次​の​階​の​骨組み​が​組ま​れ​て​いる。その​背後​に​は,ほぼ​完成​し​た​宿舎​棟​C​が​見え​て​いる。