エホバ​の​証人​が​出版​し​て​いる​聖書​文書​を​並べ​た​移動​式​カート​は,世界​各地​の​主要​都市​で​歩行​者​に​なじみ​の​ある​もの​と​なっ​て​い​ます。例えば​ドイツ​で​は,ケルン,ハンブルク,ベルリン,ミュンヘン​や​他​の​大​都市​で​証人​たち​が​文書​ディスプレー​を​設置​し​て​証言​を​し​て​い​ます。

しかし,これら​の​魅力​的​な​ディスプレー​は​ドイツ​人​が​休暇​で​訪れる​よう​な​小さな​町​で​も​効果​的​でしょ​う​か。ドイツ​北部​の​リゾート​地​や​沿岸​地域,バルト​海​や​北海​に​浮かぶ​島々​の​人​たち​は,カート​に​どの​よう​な​反応​を​示す​でしょ​う​か。2016​年,エホバ​の​証人​の​中央​ヨーロッパ​支部​は​それら​の​答え​を​知る​ため​に​特別​な​キャンペーン​を​組織​し​まし​た。5​月​から​10​月​に​かけ​て,大​都市​で​文書​カート​を​用い​て​いる​800​人​ほど​の​兄弟​姉妹​が​自発​的​に​ドイツ​北部​の​約​60​か所​で​カート​を​設置​し​て​証言​を​行ない​まし​た。オーストリア​の​ウィーン​から​参加​し​た​奉仕​者​たち​も​い​ます。

「町​の​風景​の​一部」

エホバ​の​証人​は​温かく​迎え​られ​まし​た。ある​奉仕​者​は「人々​は​関心​を​示し​まし​た。友好​的​で,好奇​心​が​あり,気軽​に​会話​する​人​たち​です」と​語っ​て​い​ます。プレーン​と​いう​町​へ​行っ​た​ハイディ​は​こう​述べ​まし​た。「数​日​も​たつ​と,人々​は​わたしたち​を​町​の​風景​の​一部​と​みなし​て​くれる​よう​に​なり​まし​た。わたしたち​に​気づい​て​手​を​振っ​て​くれる​人​も​い​まし​た」。ある​ろう者​の​男性​は​奉仕​者​たち​に​手話​で,「あなたたち​は​どこ​に​で​も​いる​ん​だ​ね」と​言い​まし​た。この​男性​と​友人​たち​は​ドイツ​南東​部​で​開か​れ​た​ろう者​の​集まり​から​の​帰宅​途中​でし​た​が,開催​地​で​も​エホバ​の​証人​に​会っ​て​い​まし​た。

地元​の​人​たち​の​中​に​は​サポート​を​買っ​て​出​た​人​たち​も​い​まし​た。バンガーオーゲ​島​で​は,一​人​の​警察​官​が​証人​たち​に​近づき,どう​すれ​ば​より​多く​の​人​に​伝え​られる​か​を​親切​に​提案​し​まし​た。ミューリッツ​湖畔​の​町​ワーレン​で​は,観光​遊覧​船​の​船長​が​船客​に​ガイド​を​行なっ​て​い​た​時,港​に​置か​れ​て​いる​文書​カート​を​指さし​て「あそこ​で​は​神様​に​つい​て​学べ​ます​よ」と​紹介​し​まし​た。バカンス​に​来​て​い​た​大勢​の​人​が​近づき,カート​に​貼ら​れ​て​いる​ポスター​の​内容​を​じっくり​読ん​で​いき​まし​た。

観光​客​も​地元​の​人​も​関心​を​示し​た​3​種類​の​冊子:

  • 「神​は​気遣っ​て​おら​れ​ます​か」: ある​観光​客​は​こう​述べ​まし​た。「これ​まで​この​質問​を​ずっ​と​自分​に​問いかけ​て​き​まし​た。今回​この​旅行​中​に,やっと​それ​に​つい​て​読む​時間​を​持て​ます」。

  • 神​から​の​良い​知らせ」: 一​人​の​年配​の​男性​は​エホバ​の​証人​に​自分​は​宗教​に​幻滅​し​て​いる,と​言い​まし​た。証人​たち​は,人間​は​誰​も​自分​たち​の​問題​を​解決​でき​ず,そう​できる​の​は​神様​だけ​で​ある​こと​を​理解​する​よう​その​人​を​助け​まし​た。男性​は​冊子​を​受け取り,読む​こと​を​約束​し​まし​た。

  • せいしょ​の​べんきょう」: 幼い​女​の​子​が​幼児​向け​に​用意​さ​れ​た​この​冊子​を​持っ​て​いこ​う​と​し​まし​た。父親​は​それ​を​許し​た​だけ​で​なく,「わたし​の​聖書​物語​の​本」を​受け取り,「この​本​は​わたし​の​家族​に​いい​と​思い​ます」と​述べ​まし​た。

通行​人​が​受け取っ​た​文書​の​数​は​3600​冊​を​超え​まし​た。エホバ​の​証人​が​訪問​し​て​話し合い​を​続ける​こと​を​希望​し​た​人​たち​も​い​まし​た。

今回​の​キャンペーン​に​参加​し​た​エホバ​の​証人​たち​は​大いに​楽しみ​まし​た。バルト​海​に​近い​場所​で​奉仕​し​た​イェルク​と​妻​の​マリーナ​は​こう​語っ​て​い​ます。「これ​は​特別​な​贈り物​でし​た。神​の​創造​物​を​楽しみ,同時​に​その​方​に​つい​て​ほか​の​人​に​話す​こと​が​でき​まし​た」。17​歳​の​ルーカス​は,「すごく​良かっ​た​です。楽しかっ​た​だけ​で​なく,貴重​な​もの​を​ほか​の​人​に​分け与える​こと​も​でき​まし​た」と​述べ​て​い​ます。