内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

海底を歩いて伝道に行く

北海  面する,ドイツ  シュレスウィヒ  ホルシュタイン   西岸   小さな 島々  点在   おり,ハリゲン 諸島  呼ば    ます。そこ  住む 300  ほど   たち は,エホバ  証人  伝え  いる 聖書  メッセージ  どの よう    聞く  でしょ  か。―マタイ 24:14

証人 たち  フェリー  使っ  島々  行く こと  あり ます が,特定  幾つ     住む   訪ねる ため  は,別  方法  用い ます。少 人数  グループ      5 キロ ほど 歩い  行く  です。なぜ そう できる  でしょ  か。

  満ち引き  利用 する

答え    満ち引き  関係  あり ます。ハリゲン 諸島  ある 北海  海域  は,海面  高さ  ほぼ 6 時間 おき   3 メートル  変化  ます。引き潮    は,広範囲  わたっ  海底  露出 する ため,証人 たち  歩い  3     行く こと  できる  です。

では,道のり  どの よう  もの でしょ  か。証人 たち  グループ  率いる ベテランガイド  ウルリッヒ  こう 言い ます。「ハリゲン 諸島    1   到着 する まで  2 時間 かかり ます。大抵,はだし  歩き ます。その ほう  海底  歩き やすく 気持ち  いい  です。寒い 時期   長靴  履き ます」。

周り  景色   世界  よう です。ウルリッヒ  こう   ます。「まるで   惑星  歩い  いる よう  気分  なり ます。ぬかるん      ごつごつ   所,海草  覆わ   場所  あり ます。海鳥  群れ や,か  など  動物  見る こと  でき ます」。時々,ドイツ  で“プリーレ”と 呼ば れる,干潟  でき    流れ  渡ら なけれ  なり ませ ん。

参加   とっ  道のり    わけ   あり ませ ん。ウルリッヒ    よう  警告    ます。「霧    いる   特に 迷い やすく なり ます。わたしたち  いつも 方位 磁石  GPS 装置  携帯 し,予定  きっちり 従い ます。そう すれ  満ち潮  帰れ なく なる こと  あり ませ ん」。

ハリゲン 諸島    伝道   いる

ここ まで  努力  払う 価値  ある  でしょ  か。ウルリッヒ 「ものみの塔」誌 と「目ざめよ!」誌 定期   読ん  いる 90   男性  エピソード  話し ます。「その   あまり 時間  なかっ   で,男性  訪問 でき ませ  でし た。でも,帰ろ      たら,その おじいさん  自転   追いかけ    言い まし た。『わし の「ものみの塔」は 置い  かな   かい?』それで,喜ん  差し上げ まし た」。

もっと調べる

「ものみの塔」

エホバの証人はなぜ伝道するのか

エホバの証人が全世界で伝道活動を行なっている主な理由は3つあります。

今の時代にだれがエホバのご意志を行なっていますか

エホバの証人は伝道活動をどのように組織していますか

エホバの証人は,イエスが地上にいた時に残した型に倣っています。どんな方法で伝道しているのでしょうか。