内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

シングー川流域での伝道活動

2013​年​7​月​初旬,ブラジル​で​の​こと,エホバ​の​証人​の​一行​28​人​は,サン​・​フェリス​・​ド​・​シングー​の​町​を​出発​し,カヤポ​族​や​ユルナ​族​と​いっ​た​先住​民​の​暮らす​地域​を​訪れ​まし​た。全長​15​メートル​ほど​の​船​に​乗っ​て,シングー​川​を​さかのぼり​まし​た。その​川​は,2,092​キロ​北​に​流れ​て​アマゾン​川​と​合流​し​ます。

この​旅行​の​目的​は,川​沿い​の​村​に​住む​人々​に,神​の​王国​に​つい​て​伝道​する​こと​に​あり​まし​た。3​日​目​に​コクライモロ​と​いう​村​に​到着​し​た​ところ,村人​たち​が​笑顔​で​温かく​歓迎​し​て​くれ​まし​た。そんな​中,ある​女性​が​身振り​手振り​で​必死​に​何​か​を​伝え​よう​と​し​て​い​ます。ツアー​に​同行​し​た​現地​ガイド​の​説明​に​よる​と,「皆さん,ようこそ! 皆さん​すべて​と​お知り合い​に​なり​たい​です」と​言っ​て​い​た​の​です。

エホバ​の​証人​の​一行​は,だれ​に​で​も​声​を​かけ​まし​た。ポルトガル​語​で​話​し​たり,手話​や​ジェスチャー​を​使っ​たり​し​まし​た。聖書​出版​物​に​載せ​られ​て​いる​色彩​豊か​な​挿絵​は​村人​の​心​を​とらえ​まし​た。多く​の​人​が​出版​物​を​受け取り,特に,「神​の​言わ​れる​こと​を​聞い​て​ください」と​いう​小冊子​が​人気​でし​た。

サン​・​フェリス​・​ド​・​シングー​の​特別​開拓​者​ジェルソン​は,ある​村人​が「わたし​の​聖書​物語​の​本」と​いう​出版​物​を​受け取っ​た​時​の​こと​が​忘れ​られ​ませ​ん。「その​人​は,本​を​じっ​と​見​て,両手​で​しっかり​と​抱きかかえ​まし​た。一瞬​たり​と​も​手放し​たく​ない​様子​でし​た」。

エホバ​の​証人​は,川​沿い​の​村​に​住む​好意​的​な​人々​に,書籍​や​雑誌​や​小冊子​を​合計​500​冊​ほど​配布​し​まし​た。カワティレ​の​村人​たち​は,聖書​の​約束​する​地上​の​楽園​に​深い​関心​を​示し​まし​た。「楽園​の​人々​は,きっと​わたしたち​と​同じ​よう​な​生活​を​する​ん​です​よ」。これ​は,親切​に​迎え​て​くれ​た,カヤポ​族​の​トンジャイカ​が​述べ​た​感想​です。

サン​・​フェリス​・​ド​・​シングー​の​多く​の​人​は,今回​の​伝道​旅行​の​こと​を​知っ​て​い​まし​た。この​旅行​に​参加​し​た​シモーネ​と​いう​女性​は,同郷​の​人​たち​から,エホバ​の​証人​が​村々​に​入る​こと​は​許さ​れ​ない​だろ​う,と​言わ​れ​て​い​まし​た。しかし,問題​は​あり​ませ​ん​でし​た。シモーネ​は​言い​ます。「歓迎​さ​れ​まし​た​よ。全員​に​伝道​する​こと​が​でき​た​ん​です」。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

喜んで自分を差し出した人たち ― ブラジル

神にいっそう仕えるために別の場所に移り住んだ人たちの励みとなる経験をお読みください。