内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

自由を愛する人たちが「アルマダ・ド・ルーアン」に集う

2013​年​6​月​6​日​から​16​日​に​かけ​て,北​フランス​の​ルーアン​の​港​に​世界​中​から​幾百万​も​の​人々​が​詰めかけ​まし​た。世界​最大​級​の​美しい​水上​の​祭典,「アルマダ​・​ド​・​ルーアン」が​開催​さ​れ​た​の​です。

世界​有数​の​豪華​な​大型​帆船​が,絵​の​よう​に​美しい​ノルマンディー​地方​を​湾曲​し​て​流れる​セーヌ​川​を​120​キロ​さかのぼり,この​祭典​の​会場​と​なる​川​沿い​7​キロ​に​わたっ​て​停泊​し​まし​た。10​日​余り​の​期間​中,45​隻​の​有名​な​船​や​帆船​が​集結​し,訪れる​人​たち​に​は​船内​を​自由​に​見学​する​チャンス​が​開か​れ​まし​た。

世代​を​問わ​ず​多く​の​人​が​この​祭典​に​やっ​て​来​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。その​創設​者​また​主催​者​に​よる​と,アルマダ​は,「夢​を​かき立てる『海​の​巨人​たち』を​身近​に​感じる」チャンス​だ​から​です。確か​に,若い​人​も​年老い​た​人​も,大きな​帆船​を​見れ​ば​大抵,遠い​地​へ​の​航海​や​自由​を​思い浮かべる​こと​でしょ​う。

何千​人​も​の​観光​客​に​は,別​の​種類​の​自由​つまり​聖書​の​真理​が​差し伸べ​て​いる​自由​に​つい​て​聞く​チャンス​も​あり​まし​た。(ヨハネ 8:31,32)中世​の​魅力​に​あふれる​ルーアン​の​街​や​その​混雑​し​た​狭い​通り​を​散策​する​人々​は,地元​の​エホバ​の​証人​が​設置​し​た​移動​式​ディスプレー​に​気づい​た​こと​でしょ​う。観光​客​や​船員​たち​は​スタンド​に​近づく​と,展示​さ​れ​て​いる​無料​の​聖書​文書​を​持ち帰る​よう​勧め​られ​まし​た。多く​の​通行​人​は,「ものみの塔」誌​の「世界​中​から​偏見​が​なくなる ― いつ?」と​いう​特集​記事​に​興味​を​示し​まし​た。そして,フランス​語,英語,スペイン​語​で​行なわ​れる​聖書​講演​会​に​招待​さ​れ​まし​た。

地元​の​人​たち​も​この​取り組み​に​好意​的​な​反応​を​示し​まし​た。ある​男性​は,公共​の​場所​で​移動​式​ディスプレー​の​そば​に​立っ​て​いる​エホバ​の​証人​を​見​て​初め​は​驚き​まし​た​が,こう​言い​まし​た。「皆さん​に​ここ​で​お会い​で​き​て​うれしく​思い​ます。同じ​信条​を​持っ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,自分​の​信念​を​持っ​て​立っ​て​おら​れる​皆さん​の​こと​を​尊敬​し​て​い​ます」。二​人​の​年配​の​男性​は,この​活動​に​参加​し​て​い​た​エホバ​の​証人​の​若者​たち​に​対し​て,次​の​よう​に​言い​まし​た。「誇り​を​持っ​て​頑張っ​て​ください!」

 

もっと調べる

「ものみの塔」

世界中から偏見がなくなる ― いつ?

人々にとって偏見を克服するのに聖書がすでに助けになっていることは,数々の実例から分かります。偏見が完全になくなるのはいつでしょうか。