内容へ

災害時に,愛に促されて行動する

困難な事態が生じた時,エホバの証人は仲間や他の人に援助を差し伸べます。それは,真のクリスチャンのしるしである愛の表明です。―ヨハネ 13:35

以下に挙げるのは,2012年半ばまでの約1年間に行なわれた救援活動の例です。そうした活動には常に霊的および感情的な世話が伴いますが,この記事にはその面は含まれていません。救援活動の大部分は,支部により設置された災害救援委員会によって組織されました。加えて,地元の会衆も活動に参加しました。

日本

日本: 2011年3月11日,東北地方が地震と津波に襲われ,何十万という人々が被災しました。世界中のエホバの証人が,復興を支援するために資金や物資や技術を寛大に提供しました。被災地での救援活動に関するビデオをご覧ください。

ブラジル: 洪水,地滑り,土砂崩れにより,何百人もの死者が出ました。エホバの証人は被災地に保存食42トン,飲料水2万本,衣類10トン,清掃用品5トン,さらに薬その他の物資を届けました。

コンゴ共和国: 弾薬庫の爆発で,エホバの証人4人の家が全壊し,28人の家が一部損壊しました。被害を受けた人たちは食料品や衣類を提供され,地元の証人たちの家に避難しました。

コンゴ民主共和国: コレラに感染した人たちに薬が与えられました。豪雨による洪水の被害に遭った人たちのために衣類が寄贈されました。難民キャンプにいる人たちは治療を受け,作物の種やたくさんの衣類を受け取りました。

ベネズエラ: 大雨により洪水や土砂崩れが起きたため,災害救援委員会は被害を受けた288人のエホバの証人を助けました。新しい家が50軒余り建てられました。さらに救援委員会は,バレンシア湖の水位が上がって危険になった家に住む人たちを援助しています。

フィリピン

フィリピン: 台風により,一部の地域で洪水が起きました。支部は被災者に食料や衣類を送り,水が引いた後に地元のエホバの証人が清掃を手伝いました。

カナダ: アルバータ州で大規模な森林火災が生じた後,スレイブ・レイク会衆は地域のエホバの証人から,跡片付けの援助としてたくさんの寄付を受け取りました。十分すぎる額のお金が集まったので,会衆はその半分以上を世界の他の被災地を助けるために寄付しました。

コートジボワール: 内戦の前や,その間,また終わった後に,助けを必要とする人たちに物資や宿泊場所が備えられ,治療が施されました。

フィジー: 大雨でひどい洪水が生じ,被害を受けたエホバの証人の192家族の大半が,食物の供給源および収入源だった畑を失いました。それらの家族に食料が届けられました。

ガーナ: 国の東部で洪水の被害に遭った人たちに,食料品や種や代わりの家が備えられました。

米国: 竜巻により,3つの州のエホバの証人の家12軒が全壊し,66軒が一部損壊しました。ほとんどの人が保険に入っていましたが,修理を助けるための資金が備えられました。

アルゼンチン: エホバの証人の諸会衆は,国の南部で火山灰により家屋が被災した人たちを助けました。

モザンビーク: 干ばつの被害を受けた1,000人余りに食料が供給されました。

ナイジェリア: バスの大事故で負傷した24人のエホバの証人が金銭的な援助を受けました。国の北部では異なる民族間で宗教的な衝突が起き,家を失った多くの人に助けが差し伸べられました。

ベナン: ひどい洪水の被害に遭った人たちに,薬,衣類,蚊帳,飲料水,宿泊場所が備えられました。

ドミニカ共和国

ドミニカ共和国: ハリケーン・アイリーンの通過後,被災地域の会衆が家屋の修理や物資の調達を助けました。

エチオピア: 2つの地域では干ばつが,別の地域では洪水が起き,被害を受けた人たちの必要を顧みるための資金が提供されました。

ケニア: 干ばつの被害を受けた人たちに資金が提供されました。

マラウイ: ドザレカ難民キャンプにいる人たちに援助が差し伸べられました。

ネパール: 地滑りにより,あるエホバの証人の女性の家が深刻な被害を受けました。仮の住まいが備えられ,地元の会衆により援助が与えられました。

パプアニューギニア: エホバの証人の家8軒が放火されました。それらの家は建て直されることになりました。

ルーマニア: 洪水で幾人かのエホバの証人が家を失いました。家を建て直すための援助がなされました。

マリ: 干ばつで不作となり,食物が不足した人たちに,隣国のセネガルから資金が提供されました。

シエラレオネ: フランスから来たエホバの証人の医師たちが,戦争の爪痕の残る地域に住む証人たちに治療を行ないました。

タイ: 幾つかの県が洪水により大きな被害を受けました。100軒の家と6軒の王国会館の修理と清掃が,救援チームによって行なわれました。

チェコ共和国: 洪水で幾つかの家が被害を受け,隣のスロバキアのエホバの証人が救援活動を手伝いました。

スリランカ: 津波に関連した救援活動がほぼ完了しました。

スーダン: 内戦のため避難を余儀なくされたエホバの証人に,食料品,衣類,靴,ビニールシートが送られました。

タンザニア: ひどい洪水で14家族が家財を失いました。地域の会衆の人たちが衣類や家具を贈り,1軒の家が建て直されました。

ジンバブエ: 干ばつにより,ある地域で食糧不足が生じました。影響を受けた人たちに食物とお金が与えられました。

ブルンジ: 難民が,医療を含む救援を受けています。