カナダ​東部​の​フランス​語​圏​で​は,ほとんど​の​ろう者​が​ケベック​手話(LSQ)を​使っ​て​い​ます。 *ろう者​の​コミュニティー​は​わずか​6000​人​な​の​で,ケベック​手話​で​入手​できる​出版​物​は​限ら​れ​て​い​ます。しかし​エホバ​の​証人​は​近年,質​の​高い​ケベック​手話​の​出版​物​を​無償​で​提供​できる​よう,いっそう​の​努力​を​払っ​て​き​まし​た。人々​が​聖書​を​理解​する​の​を​助ける​ため​です。

この​よう​な​翻訳​の​努力​が​大変​意義深い​の​は​なぜ​か​を​理解​する​ため,マーセル​の​例​を​考え​て​み​ましょ​う。マーセル​は​1941​年,カナダ​の​ケベック​州​で​生ま​れ​まし​た。2​年​後,髄膜​炎​に​かかり​聴力​を​失い​まし​た。「9​歳​の​時​に​ろう​学校​へ​行き​始め,そこで​ケベック​手話​を​学び​まし​た」と​マーセル​は​述べ​て​い​ます。「基本​的​な​手話​を​教える​本​は​幾らか​あり​まし​た​が,手話​の​出版​物​は​あり​ませ​ん​でし​た」。

ケベック​手話​で​出版​する​こと​が​重要​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。マーセル​は​こう​答え​て​い​ます。「ろう者​は​言語​の​壁​で​苦労​する​こと​なく,自分​たち​が​よく​理解​できる​言語​で​情報​を​得​たい​と​思っ​て​い​ます。ケベック​手話​の​出版​物​が​ない​と,一般​に​話さ​れ​て​いる​言語​に​頼ら​ざる​を​得​ない​の​で,多く​の​情報​を​得損なっ​て​しまい​ます」。

マーセル​や​ケベック​手話​を​使っ​て​いる​ほか​の​ろう者​の​必要​に​こたえる​ため,エホバ​の​証人​は​2005​年​に​初めて​ケベック​手話​の​出版​物​を​発行​し​まし​た。最近,ケベック​州​モントリオール​に​ある​エホバ​の​証人​の​翻訳​事務​所​は​拡張​さ​れ​まし​た。そこ​で​は​現在​7​人​の​全​時間​奉仕​者​に​加え​て​十数​人​が​パートタイム​で​奉仕​し​て​い​ます。3​つ​の​翻訳​チーム​が​組織​さ​れ,事務​所​内​に​ある​専門​の​設備​を​そろえ​た​2​つ​の​スタジオ​を​使っ​て​ケベック​手話​の​ビデオ​を​制作​し​て​い​ます。

ケベック​手話​コミュニティー​は​エホバ​の​証人​が​制作​し​た​出版​物​の​質​を​高く​評価​し​て​い​ます。エストリー​ろう者​協会​ *の​副​会長​ステファン​・​ジャック​は​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「彼ら​が​制作​し​て​いる​出版​物​は​とても​よく​でき​て​い​ます。手​の​動き​は​本当​に​自然​で,顔​の​表情​も​いい​です。ビデオ​に​出​て​くる​人​たち​の​身なり​が​きちんと​し​て​いる​こと​も​素晴らしい​と​思い​ます」。

世界​中​の​エホバ​の​証人​の集会​で​毎週使わ​れ​て​いる「ものみの塔」誌​は​現在​ケベック​手話​で​入手​でき,ケベック​に​ある​ケベック​手話​の​7​つ​の​会衆​および​群れ​に​属する​エホバ​の​証人​220​人​や​集会​の​出席​者​が​使っ​て​い​ます。 *さらに,証人​たち​が​制作​し​て​インターネット​上​で​配信​する​他​のケベック​手話​ビデオの​数​も​増え​続け​て​おり,その​中​に​は​聖書​に​基づく​心​を​高揚​さ​せる​歌​も​含ま​れ​て​い​ます。

前述​の​マーセル​は​ケベック​手話​出版​物​が​さらに​多く​入手​可能​に​なっ​て​いる​こと​に​胸​を​躍らせ​て​い​ます。そして​特に​エホバ​の​証人​が​出版​し​て​いる​もの​に​感謝​し​て​い​ます。マーセル​は​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「たくさん​の​ケベック​手話​ビデオ​を​jw.org​で​見​られる​の​は​祝福​です。すべて​の​コンテンツ​を​自分​の​言語​で​見​られ​たら​本当​に​うれしい​です」。

^ 2節 ケベック​手話(LSQ​は​フランス​語​の​Langue des signes québécoise​から​取ら​れ​て​いる)は,より​広く​用い​られ​て​いる​アメリカ​手話​と​共通​する​特徴​が​幾らか​ある​もの​の,独自​の​手話​言語​です。

^ 6節 ケベック​に​ある​ろう者​の​ため​の​慈善​団体。

^ 7節 毎月​の​研究​用「ものみの塔」誌​の​ケベック​手話​版​は​2017​年​1​月​号​より​発行​さ​れ​て​い​ます。