内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

エストニアで「優れた功績」が認められる

2014​年度​エストニア​言語​功労​賞​に,「新​世界​訳​聖書」エストニア​語​版​が​ノミネート​され,最終​投票​の​結果,18​ある​作品​の​中​から​第​3​位​に​入賞​し​まし​た。

2014​年​8​月​8​日​に​発表​さ​れ​た​この​新しい​翻訳​聖書​は,エストニア​語学​研究​所​の​言語​学​者​クリスティーナ​・​ロス​に​よっ​て​推薦​さ​れ​まし​た。ロス​氏​は「新​世界​訳」を,「平易​で​読む​の​が​楽しい」と​評し,さらに,「この​聖書​に​つぎ込ま​れ​た​労力​は,エストニア​語​の​翻訳​活動​に​著しい​発展​を​もたらし​た」と​述べ​て​い​ます。エストニア​の​文学​と​文化​を​研究​する​教授​レイン​・​ベイドマン​は,この​翻訳​を「優れ​た​功績」と​呼び​まし​た。

エストニア​語​で​最初​に​聖書​全巻​が​出版​さ​れ​た​の​は​1739​年​の​こと​で,それ​以来,他​の​翻訳​も​出る​よう​に​なり​まし​た。では,なぜ「新​世界​訳」が「優れ​た​功績」と​呼ば​れ​て​いる​の​でしょ​う​か。

正確。1988​年​に​発行​さ​れ,よく​読ま​れ​て​いる​エストニア​語​聖書​は,ヘブライ​語​聖書(旧約​聖書)の​中​で​神​の​名​イェホーバ(エホバ)を​6800​回​以上​用い​て​おり,それ​は​評価​す​べき​こと​です。 *しかし,「新​世界​訳」の​エストニア​語​版​で​は,神​の​名​を​さらに​多く​用い​て​い​ます。また,クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書(新約​聖書)でも,神​の​名​を​用いる​こと​が​できる​明確​な​根拠​が​ある​箇所​に​おい​て,「新​世界​訳」は​神​の​名​を​用い​て​い​ます。

明快。「新​世界​訳」は,正確​で​読み​やすい​と​いう​課題​を​クリア​し​て​いる​の​でしょ​う​か。著名​な​聖書​翻訳​者​で​ある​トマス​・​パウル​は,エストニア​の​新聞「エスティ​・​キリク(エストニア​教会)」の​中​で「新​世界​訳」に​つい​て​言及​し,「流れる​よう​な​エストニア​語​に​翻訳​する​と​いう​目標​を​達成​し​て​いる」と​書い​て​い​ます。さらに,「この​目標​が​達成​さ​れ​た​の​は​初めて​の​こと​で​ある」と​も​述べ​て​い​ます。

エストニア​語​版​の​聖書​を​活用​し​て​いる

「新​世界​訳」は​エストニア​の​人々​の​間​で​大きな​反響​を​呼び​まし​た。国営​の​ラジオ​局​は​この​新しい​聖書​に​関する​40​分​の​特集​番組​を​放送​し​まし​た。聖職​者​や​教会​に​通う​人​たち​も,新しい​聖書​を​1​冊​欲しい​と​言っ​て​き​まし​た。タリン​の​ある​エリート​校​は,授業​で​使用​する​ため​に「新​世界​訳」を​20​冊​もらえ​ない​か​と​依頼​し​て​き​まし​た。エストニア​の​人々​は​読書​が​大好き​です。エホバ​の​証人​は,これ​まで​に​書か​れ​た​中​で​一番​良い​本​で​ある​聖書​の​正確​で​明快​な​翻訳​を​提供​できる​こと​を​うれしく​思っ​て​い​ます。

^ 5節 タルトゥ​大学​で​新約​聖書​研究​の​講座​を​担当​する​アイン​・​リースタン​は,エストニア​人​が​神​の​名​を“イェホーバ”と​発音​する​よう​に​なっ​た​経緯​を​述べ​た​後,次​の​よう​に​締めくくり​まし​た。「イェホーバ​と​いう​語​は​現代​に​おい​て​非常​に​適切​で​ある​と​思わ​れる。発音​の​起源​が​どの​よう​な​もの​で​あれ,その​名​は……多く​の​世代​に​とっ​て​大変​重要​で​深い​意味​を​持っ​て​き​た。イェホーバ​と​は,人類​を​請け戻す​ため​に​み子​を​遣わし​た​神​の​名​な​の​で​ある」。