内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

統治体はロシアとウクライナのエホバの証人を励ます

「あふれる​ほど​の​愛​を​感じ​まし​た!」これ​は,エホバ​の​証人​の​統治​体の​成員,スティーブン​・​レット​が​読む​重要​な​手紙​を​聞い​た​ウクライナ​の​ある​女性​の​感想​です。この​女性​は,レット​兄弟​が​この​国​を​訪問​し​た​2014​年​5​月​10,11​日​の​週末,兄弟​の​講演​を​聞い​た​16万5000​人​の​エホバ​の​証人​の​1​人​です。

聖書​に​基づく​講演​と​手紙​の​朗読​は,5​つ​の​言語​に​翻訳​さ​れ,ウクライナ​中​の​1100​ほど​の​王国​会館​に​配信​さ​れ​まし​た。

同じ​週末,こちら​も​統治​体​の​成員​で​ある​マーク​・​サンダーソン​が,ロシア​全域​の​兄弟​たち​へ​の​プログラム​で​手紙​を​読み​まし​た。この​プログラム​は​14​の​言語​に​翻訳​さ​れ,ベラルーシ​と​ロシア​に​ある​2500​以上​の​会衆​の​18万413​人​が​通信​回線​で​結ば​れ​まし​た。

統治​体​から​の​この​手紙​は,ロシア​と​ウクライナ​の​すべて​の​会衆​に​宛て​られ​た​もの​でし​た。サンダーソン​兄弟​は​ロシア​語​で​手紙​を​読み​まし​た。これ​に​対し​て,ロシア​の​支部​事務​所​は​こう​書い​て​い​ます。「統治​体​が​この​地域​に​これ​ほど​の​関心​を​持っ​て​いる​と​いう​こと​に​兄弟​姉妹​は​深く​感動​し​まし​た。わたしたち​すべて​が,統治​体​から​ぎゅっ​と​抱き締め​られ​て​いる​よう​に​感じ​まし​た」。

この​手紙​が​書か​れ​た​の​は,政情​の​不​安定​な​この​地域​に​住む​エホバ​の​証人​に​慰め​と​励まし​を​与える​ため​でし​た。世界​の​政治​問題​に​関し​て​中立​を​保ち,引き続き「世​の​もの​で​は​ない」立場​を​保つ​よう​兄弟​たち​に​勧め​まし​た。―ヨハ 17:16

その​ため​に,祈り​や​神​の​言葉​の​黙想​や​研究​を​通し​て,エホバ​と​の​親密​な​関係​を​保つ​よう​に​と​統治​体​は​励まし​まし​た。どんな​試練​に​直面​し​よう​と​も,イザヤ 54​章​17​節​に​ある​神​の​約束,「あなた​を​攻める​ため​に​形造ら​れる​武器​は​どれ​も​功​を​奏さ[ない]」と​いう​言葉​に​確信​を​置ける​と​いう​こと​を​聴衆​は​銘記​さ​せ​られ​まし​た。

統治​体​は​次​の​言葉​で​手紙​を​締めくくり​まし​た。「わたしたち​は​皆さん​すべて​を​心​から​愛し​て​い​ます。わたしたち​が,いつも​皆さん​の​こと​を​考え​て​おり,皆さん​の​ため​エホバ​に​祈願​を​ささげ​て​いる​こと​を​確信​し​て​ください」。

この​度​の​訪問​に​関し​て,エホバ​の​証人​の​ウクライナ​支部​事務​所​は​こう​書い​て​い​ます。「統治​体​の​愛​ある​世話​と​気遣い​を​受け,兄弟​たち​は​驚き​と​感謝​に​あふれ​まし​た。レット​兄弟​と​サンダーソン​兄弟​が​同じ​週末​に​ウクライナ​と​ロシア​を​訪問​し​て​くださっ​た​こと​は,神​の​民​の​一致​の​証拠​で​あり,エホバ​と​イエス​が​民​を​どれ​ほど​気​に​かけ​て​くださっ​て​いる​か​を​示す​もの​でし​た。まさに​ちょうど​良い​時​の​訪問​だっ​た​と​わたしたち​は​感じ​て​い​ます。どんな​困難​が​生じ​よう​と​も​エホバ​に​仕え​続ける​よう​強め​られ​まし​た」。