内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ものみの塔ギレアデ聖書学校第136期の卒業式

2014​年​3​月​8​日​土曜​日,5​か月​に​わたっ​て​聖書​を​徹底​的​に​学ぶ​課程​を​修了​し​た​ギレアデ​136​期​生​の​卒業​式​が​行なわ​れ​まし​た。この​学校​で​は,エホバ​の​証人​の​奉仕​者​と​し​て​経験​を​積ん​だ​人​たち​が,より​効果​的​な​宣教​を​行なっ​たり,仲間​の​証人​たち​の​信仰​を​強め​たり​する​ため​の​教育​を​受け​ます。卒業​式​の​メイン​会場​は​ニューヨーク​州​パタソン​に​ある​エホバ​の​証人​の​教育​センター​で,その​様子​が​カナダ,ジャマイカ,プエルトリコ,米国​の​会場​に​も​中継​さ​れ,出席​者​の​合計​は​1万1,548​人​でし​た。

「この​精神​態度​を​あなた方​の​うち​に​保ち​なさい」。エホバ​の​証人​の​統治​体​の​成員​で​ある​デービッド​・​スプレーン​が​司会​を​務め,フィリピ 2​章​5‐7​節​に​基づく​開会​の​話​を​し​まし​た。その​聖句​に​は​こう​あり​ます。「キリスト​・​イエス​に​あっ​た​この​精神​態度​を​あなた方​の​うち​に​も​保ち​なさい」。イエス​は​地上​に​い​た​時,自分​の​立場​を​気​に​する​の​で​は​なく,謙遜​に​ひたすら​神​の​業​を​行ない​まし​た。

一例​と​し​て,悪魔​から​誘惑​を​受け​た​際,イエス​は​毎回,モーセ​が​イスラエル​国民​に​語っ​た​話​から​引用​し,「……と​書い​て​あり​ます」と​述べ​て​誘惑​を​退け​まし​た。(マタイ 4:4,7,10。申命記 6:13,16; 8:3)イエス​は,油そそが​れ​た​神​の​子​と​し​て​の​権威​を​用い​て​話す​こと​も​でき​まし​た​が,モーセ​の​業​を​高く​評価​し​て​いる​こと​を​謙遜​に​示し​た​の​です。同様​に​わたしたち​も,他​の​人​の​能力​を​認め,惜しみなく​褒める​べき​です。

また,スプレーン​兄弟​は,イエス​が​地上​で​の​訓練​期間​の​終わり​に​どの​よう​に​正しい​精神​態度​を​示し​た​か​を​取り上げ​まし​た。イエス​は​こう​祈り​まし​た。「わたし​は,わたし​に​させる​ため​に​与え​て​くださっ​た​業​を​なし​終え​て,地上​で​あなた​の​栄光​を​表わし​まし​た。それで,父​よ,世​が​ある​前​に​わたし​が​みそば​で​持っ​て​い​た​栄光​で,わたし​を​今​ご自身​の​傍ら​に​あっ​て​栄光​ある​者​と​し​て​ください」。(ヨハネ 17:4,5)イエス​は​もっと​多く​の​特権​を​得​よう​と​は​し​ませ​ん​でし​た。イエス​の​唯一​の​願い​は,天​に​戻っ​た​時​に​元​の​立場​に​就く​こと,つまり“元​の​仕事​を​する​こと”だっ​た​の​です。ギレアデ​卒業​生​も,立場​で​は​なく​仕事​に​注意​を​集中​し,元​い​た​場所​に​戻っ​た​時​に​さらなる​特権​を​与え​られ​ない​と​し​て​も​満足​する​こと​に​よっ​て,イエス​に​倣う​べき​です。

「犠牲​を​払っ​た​こと​を​後悔​し​ない」。統治​体​の​教育​委員​会​の​援助​者​ウィリアム​・​マレンフォント​は,使徒​パウロ​の​自己​犠牲​の​模範​に​倣う​よう​生徒​を​励まし​まし​た。パウロ​は,神​へ​の​奉仕​の​ため​に​手放し​た​もの​を​振り返る​の​で​は​なく,こう​述べ​まし​た。「わたし​は​過去​の​こと​を​忘れ,何​で​あれ​前​に​ある​もの​に​両手​を​伸ばし,目標​に​向かっ​て​まっすぐ​進ん​で​ゆき​ます」。―フィリピ 3:13,14,フィリップス​訳(英語)。

生徒​たち​は,犠牲​を​払っ​た​こと​を​後悔​し​ない​なら,古代​と​現代​の​忠実​な​神​の​僕​たち​に​倣える​でしょ​う。マレンフォント​兄弟​は,子ども​の​時​に​エホバ​に​仕え​始め​た​クララ​・​ガーバー​・​モイアー​姉妹​の​言葉​を​引き合い​に​出し​まし​た。姉妹​は​こう​記し​て​い​ます。「エホバ​へ​の​奉仕​に​自ら​を​ささげ​た​過去​80​年​余​を​振り返っ​て​みる​の​は,何​と​いう​喜び​でしょ​う。後悔​は​まったく​あり​ませ​ん。もう​一度​人生​を​やり直せる​なら,私​は​また​同じ​よう​に​生きる​でしょ​う」。

「“み使い”と​し​て,み使い​と​とも​に​王国​を​宣べ伝える」。統治​体​の​成員​ゲリト​・​レッシュ​は​生徒​たち​に,宣べ伝える​こと​に​よっ​て​得​られる​2​つ​の​特権​を​高く​評価​する​よう​勧め​まし​た。まず​1​つ​目​に,生徒​たち​は,王国​の​良い​たより​の​メッセージ​を​伝える​時​に​神​の“み使い”と​し​て​働い​て​いる​こと​に​なり​ます。聖書​の​中​で「み使い」を​指す​ヘブライ​語​と​ギリシャ​語​の​言葉​は,「使者(メッセンジャー)」と​も​訳せる​から​です。2​つ​目​に,生徒​たち​は​弟子​の​フィリポ​と​同じ​よう​に,み使い​に​導か​れ​ながら​良い​たより​を​宣べ伝え​ます。―使徒 8:26‐35

次​に​レッシュ​兄弟​は,エホバ​の​証人​が​王国​を​宣べ伝える​活動​で​経験​し​た​幾つ​か​の​エピソード​を​語り​まし​た。メキシコ​の​ガビノ​と​いう​証人​は​宣教​で​家​を​訪問​する​時,ふつう​1​回​か​2​回​しか​ドア​を​ノック​し​ませ​ん。しかし,ある​時,4​回​ノック​し​まし​た。すると,応対​に​出​た​男性​は​ガビノ​に,自分​は​自殺​し​よう​と​し​て​いる​ところ​だっ​た​と​話し,こう​続け​まし​た。「4​回​目​の​ノック​の​時,首​に​ロープ​を​かけ​て​い​た​ん​です。でも​応対​に​出​よう​と​ロープ​を​外し​まし​た。何​度​も​ノック​し​て​くださっ​た​こと​に​感謝​し​ます。あなた​が​そう​し​なかっ​たら,今ごろ​は​首​を​吊っ​て(つっ​て)い​た​こと​でしょ​う」。

この​よう​な​事​が​偶然​に​起きる​こと​も​あり​ます​が,多く​の​場合,偶然​で​は​あり​ませ​ん。それ​は​神​の​み使い​が​世界​的​な​伝道​活動​を​導い​て​いる​証拠​な​の​です。―啓示 14:6

「尊ば​れる​者​は​祝福​さ​れる」。ギレアデ​の​教訓​者​マイケル​・​バーネット​は,ユダ​の​子孫​で​あっ​た​ヤベツ​の​模範​を​取り上げ​まし​た。聖書​に​は,ヤベツ​が「彼​の​兄弟​たち​より​も​尊ば​れ​て​い​た」と​あり​ます。ヤベツ​は​神​に​祈り,「あなた​が​間違い​なく​私​を​祝福​し,実際​に​私​の​領地​を​広げ​て​くださり,み手​が​本当​に​私​と​共​に​あり,あなた​が​本当​に​私​を​災い​から​保護​し​て……くださる​なら」と​言い​まし​た。―歴代​第​一 4:9,10

生徒​たち​は,具体​的​な​祈り​を​ささげる​こと​に​よっ​て​ヤベツ​の​尊ぶ​べき​模範​に​倣え​ます。とりわけ,ギレアデ​で​の​訓練​の​目的​を​達成​できる​よう​神​に​助け​を​祈り​求める​こと​に​よっ​て​そう​でき​ます。また,災い​から​保護​し​て​くださる​よう​祈る​の​も​ふさわしい​こと​です。もちろん,災い​の​影響​から​完全​に​守っ​て​くださる​よう​願う​の​で​は​なく,災難​や​悲嘆​に​よっ​て​押しつぶさ​れ​て​しまわ​ない​よう​助け​を​求める,と​いう​意味​です。神​は,ヤベツ​の​祈り​を​聞き届け​られ​まし​た。ギレアデ​の​生徒​たち​に​も​同じ​よう​に​し​て​くださる​でしょ​う。

「あなた​の​火​を​燃やし​続け​なさい」。ギレアデ​の​教訓​者​で​教育​委員​会​の​援助​者​で​も​ある​マーク​・​ヌマール​は,テサロニケ​第​一 5​章​16‐19​節​に​基づく​話​を​行ない​まし​た。火​が​燃え​続ける​に​は,燃料​と​酸素​と​熱​が​必要​です。同様​に,宣教​へ​の​熱意​を​燃やし​続ける​ため​に​大切​な​事柄​が​3​つ​あり​ます。

1​つ​目​は,「常​に​喜(ぶ)」こと​です。(テサロニケ​第​一 5:16)エホバ​から​是認​さ​れ​て​いる​と​いう​祝福​に​つい​て​黙想​する​なら,喜び​を​得​られ​ます。そして,その​喜び​は​燃料​の​よう​に,熱意​を​燃え上がら​せ​ます。2​つ​目​は,「絶え​ず​祈(る)」こと​です。(テサロニケ​第​一 5:17)祈り​は,火​の​勢い​を​強く​する​酸素​の​よう​です。祈る​時間​を​長く​し​て,神​に​自分​の​心​を​注ぎ出し​ましょ​う。3​つ​目​は,「すべて​の​事​に​感謝(する)」こと​です。(テサロニケ​第​一 5:18)感謝​に​満ち​た​心​を​持っ​て​いる​なら,エホバ​や​仲間​の​兄弟​たち​と​の​関係​を​温か​な​もの​と​する​こと​が​でき​ます。「批判​的​な​冷たい​精神​で​は​なく,感謝​に​あふれ​た​温かい​気持ち​を​保ち​ましょ​う」と​ヌマール​兄弟​は​述べ​まし​た。

「大空​と​とも​に​エホバ​を​賛美​する」。神権​学校​部門​の​教訓​者​サム​・​ロバーソン​は​話​の​最初​で,太陽​や​月​や​星​が​エホバ​を​賛美​し​て​いる​こと​を​示す​聖書​の​表現​に​言及​し​まし​た。(詩編 19:1; 89:37; 148:3)ロバーソン​兄弟​は,生徒​たち​も​エホバ​を​賛美​する​と​いう​特権​を​得​て​き​た​こと​を​述べ,次い​で,生徒​たち​に​最近​宣教​で​経験​し​た​場面​を​再現​する​よう​促し​まし​た。一​人​の​生徒​は​運転​中​に,車いす​の​男性​が​道路​を​渡れる​よう​車​を​一時​停止​させ,男性​から​感謝​さ​れ​まし​た。後​ほど,その​こと​で​お礼​を​言っ​た​ところ,会話​が​続き,男性​は​無料​の​聖書​レッスン​に​応じ​まし​た。何​週​間​か​レッスン​を​行なっ​て​ゆく​うち​に,その​男性​を​訪ね​て​き​た​幾​人​か​の​人​に​も​証言​でき​まし​た。男性​と​会話​を​交わし​た​こと​が​きっかけ​と​なっ​て,さらに​7​件​の​聖書​レッスン​が​始まっ​た​の​です。

「神​から​の​教育​を​受け​て​いっそう​強く​なる」。出版​委員​会​の​援助​者​ドナルド​・​ゴードン​は​生徒​の​うち​の​2​組​の​夫婦​に​インタビュー​を​行ない​まし​た。一​人​の​兄弟​の​印象​に​残っ​て​いる​の​は,授業​の​中​で​エフェソス 3​章​16‐20​節​が​一貫​し​て​強調​さ​れ​た​こと​です。それ​に​より​生徒​たち​は,謙遜​で​近づき​やすい​人​に​なる​なら,また,どの​仲間​に​も​エホバ​から​なす​べき​業​が​たくさん​与え​られ​て​いる​こと​を​認める​なら,エホバ​に「強く​し​て」いただける,と​いう​こと​を​学び​まし​た。別​の​姉妹​は,ギレアデ​の​ある​教訓​者​が​生徒​たち​に,成長​する​余地​の​ない​ほど​小さな​水槽​の​中​に​いる​大きな​魚​で​は​なく,大きな​海​に​いる​小さな​魚​の​よう​に​なり​なさい,と​述べ​た​こと​に​感謝​し​て​いる​と​語り​まし​た。そして​こう​続け​まし​た。「エホバ​の​組織​の​中​で​より​小さな​者​に​なる​なら,エホバ​は​霊的​に​成長​さ​せ​て​ください​ます」。

「エホバ​が​あなた​の​こと​を​好意​を​もっ​て​覚え​て​ください​ます​よう​に」。統治​体​の​成員​マーク​・​サンダーソン​は,ネヘミヤ​の​祈り​を​テーマ​に​し​た,卒業​式​の​主要​な​話​を​行ない​まし​た。ネヘミヤ​は,どうか​わたし​の​こと​を​好意​を​もっ​て​覚え​て​ください,と​神​に​祈り​まし​た。(ネヘミヤ 5:19; 13:31)そう​祈っ​た​の​は,自分​と​神​へ​の​奉仕​に​おける​自分​の​働き​を​エホバ​が​忘れ​て​しまう​の​で​は​ない​か​と​心配​し​て​い​た​から​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,自分​の​こと​を​愛情​を​もっ​て​覚え,祝福​し​て​ください,と​求め​て​い​た​の​です。

生徒​たち​も,ギレアデ​で​学ん​だ​基本​的​な​教え​を​実践​する​なら,エホバ​が​自分​たち​の​こと​を​好意​を​もっ​て​覚え​て​くださる,と​確信​でき​ます。例えば,生徒​たち​は,エホバ​へ​の​心​の​こもっ​た​愛​を​主​な​動機​と​し​て​崇拝​を​ささげ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(マルコ 12:30)アブラハム​は​エホバ​を​心​を​こめ​て​愛し,神​も​アブラハム​を​愛情​を​もっ​て​覚え​られ​まし​た。アブラハム​が​死ん​で​から​1,000​年​たっ​て​も,神​は​アブラハム​の​こと​を「わたし​の​友」と​呼ば​れ​た​の​です。―イザヤ 41:8

次​に,サンダーソン​兄弟​は,隣人​とりわけ​クリスチャン​の​兄弟​姉妹​を​愛する​よう​勧め​まし​た。(マルコ 12:31)「強盗​に​襲わ​れ​た​人​に​対し​て​隣人​に​なっ​た」親切​な​サマリア​人​の​よう​に,生徒​たち​は,援助​を​必要​と​し​て​いる​人​たち​に​率先​し​て​手​を​差し伸べる​べき​です。(ルカ 10:36)この​点​を​説明​する​に​あたり,サンダーソン​兄弟​は,ニコラス​・​コバラク​兄弟​の​模範​を​引き合い​に​出し​まし​た。ギレアデ​を​卒業​し​地域​監督​と​し​て​奉仕​し​て​い​た​コバラク​兄弟​は,温かく​て​愛​の​ある​人​と​し​て​知ら​れ​て​い​まし​た。ある​時​兄弟​は,旅行​する​奉仕​を​し​て​いる​夫婦​に​宣教​に​おい​て​勤勉​で​ある​よう​強く​勧め,「一日​の​早い​うち,一​週​間​の​早い​うち,一​月​の​早い​うち,一​年​の​早い​うち​に​行なう​の​です」と​述べ​まし​た。しかし,その​姉妹​の​様子​を​数​日​間​観察​し​た​後,コバラク​兄弟​は​こう​言い​まし​た。「わたし​の​言っ​た​こと​は​忘れ​て​ください。姉妹​は​もう​すでに​働き過ぎ​です。ペース​を​落とし​て​ください。そう​すれ​ば​長く​続け​られ​ます​よ」。その​親切​で​思いやり​深い​助言​の​おかげ​で,姉妹​は​全​時間​宣教​を​何十​年​も​続ける​こと​が​でき​まし​た。

最後​に,サンダーソン​兄弟​は,他​の​人​を​教え​訓練​する​こと​に​よっ​て,ギレアデ​で​教育​を​受け​た​目的​を​達成​する​よう​生徒​たち​を​励まし​まし​た。(テモテ​第​二 2:2)生徒​たち​は,割り当て​られ​た​場所​で​働く​とき,エホバ​に​好意​を​もっ​て​覚え​て​いただける​と​確信​し​つつ,兄弟​たち​を​強め​安定​さ​せる​こと​が​でき​ます。―詩編 20:1‐5

閉会。生徒​たち​が​卒業​証書​を​受け取っ​た​後,クラス​の​代表​が​感謝​の​手紙​を​読み上げ​まし​た。そして,卒業​生​の​うち​15​名​が「エホバ​に​歌う」の​123​番​の​歌「牧者 ― 人々​の​賜物」と​いう​曲​を​アカペラ​で​歌い,卒業​式​は​幕​を​閉じ​まし​た。

 

 

 

もっと調べる

今の時代にだれがエホバのご意志を行なっていますか

開拓者のためのどんな学校がありますか

王国伝道の業に全時間をささげる人たちのために,どんな特別な学校が開かれているでしょうか。

ドキュメンタリー

地の果てにまで

ものみの塔ギレアデ聖書学校は,極めて重要な宣べ伝える活動に焦点を当てています。この特別な学校に出席した宣教者たちの経験をご覧ください。