アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

ものみの塔ギレアデ聖書学校の第133期卒業式

2012  9  8 日,土曜 

ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校 は,米国 ニューヨーク  パタソン の,エホバ  証人  教育 センター  置か    ます。その 学校  5 か月  及ぶ 集中   授業  受け  生徒 48   卒業  まし た。卒業   は,生徒  祝福 する 家族  友人 など 9,694   出席  まし た。

1943  以降,8,000   超える 経験 ある 奉仕  が,宣教   なる ため  訓練  受け まし た。この 課程    教科   聖書 です。生徒 たち  信仰  強め られ,霊的  特質  伸ばす ため  助け  与え られ,問題  乗り越え ながら 宣教      様々  奉仕  行なう 備え  でき まし た。

「愛す べき こと  深く 考え なさい」。エホバ  証人  統治   成員 で,卒業   司会    ある アンソニー  モリス は,フィリピ 4  8  の「何  あれ 愛す べき こと……を 考え 続け なさい」と いう 言葉  基づく 最初     まし た。

モリス 兄弟 は,愛す べき こと  考える なら,愛  ない 世界  おい   積極   思考  保てる,と 指摘  まし た。「他    愛す べき   探し,また 愛す べき 存在  なっ  ください」と 言い まし た。

その    て,天    素晴らしい 手本  示し,わたしたち  とが  過ち  注目 なさい ませ ん。(詩編 130:3)「兄弟  姉妹  とが  注目  ない よう   ましょ う。そして,愛す べき     ください」と,モリス 兄弟  勧め まし た。

「知識    も,自分  過度  賢い     ない」。米国  支部 委員   成員 ハロルド  コーカーン は,伝道  書 7  16   基づい    進め まし た。神  願っ  おら れる  は,わたしたち  知識  正しく 用いる こと です。知識 ゆえ に「思い上がっ   いけ ない」の です。

  アドバイス  諭し  与える      示す 必要  あり ます。神    求める 以上  こと を,他    求める べき   あり ませ ん。「知恵  知識  理解   ふさわしく 用いる なら,兄弟 たち  あなた  一緒  いる こと  心地よく 思う でしょ う」と,コーカーン 兄弟  述べ まし た。

「神  行なわ   こと  忘れ   なら ない」。詩編 78:7)統治   ガイ  ピアース  冒頭 で,子ども  行ない  良い 場合  悪い 場合    評判  影響  及ぼす,と 説明  まし た。(箴言 20:11)同様 に,わたしたち  行ない      評判  影響  及ぼし ます。「神  子供  悪魔  子供  この こと から 明白 です。すなわち,すべて   行ない つづけ ない    から    ませ ん」。―ヨハネ  一 3:10

ピアース 兄弟 は,生徒 たち  ギレアデ 学校  招か     クリスチャン     良い 特質  示し    から  あり,それ   謙遜   含ま れる,と 言い まし た。そして,謙遜  あり 続ける よう 生徒 たち  勧め まし た。この 学校  学ん     も,人 より 秀で  存在  なる わけ   あり ませ ん。むしろ,世界   兄弟 関係  一致  貢献 し,謙遜   手本  示し  ゆく 立場  ある  です。(詩編 133:1)「皆さん は,今後 さらに 学ん  ゆく ため  基礎  築き まし た。これ から  エホバ   つい   知識  理解    成長   ください」と,ピアース 兄弟  語り まし た。

「わたしたち    こと は,当然  べき こと でし た」。神権 学校 部門  監督 ウィリアム  サムエルソン は,「自分  気持ち  願望   相いれ ない 割り当て  与え られ  場合,どの よう  反応  ます か」と 問いかけ まし た。ルカ 17  7‐10  から 教訓   られ ます。そこ   こう あり ます。「あなた方 も,自分  割り当て られ    全部   とき  は,『わたしたち       立た ない 奴隷 です。わたしたち    こと は,当然  べき こと でし た』と 言い なさい」。主人  ある エホバ  比べれ ば,わたしたち は「何     立た ない 奴隷」です。

生徒 たち       わたっ  授業  受け まし た。たいへん   感じ      こと でしょ う。「確か に,皆さん      当然  べき こと でし た。しかし,皆さん  そこ から   得,信仰  強め られ   実感   おら れる こと でしょ う」と,サムエルソン 兄弟  語り まし た。そして,「皆さん  信頼 できる 家令   て,宇宙  主人  ある   仕える 特権  今後  大切    ゆけ ます よう に」と 結び まし た。

「困難  面し   エホバ  保証  言葉  忘れ   なら ない」。神権 学校 部門  監督  補佐 サム  ロバーソン  生徒 たち に,皆さん     落胆 する こと  ある でしょ う,と 言い まし た。そして,神  保証  つい  述べ  聖書   多く    思い返す よう 勧め まし た。例えば モーセ  ヨシュア に,「エホバ が……あなた  見捨て たり,全く 見放し たり  され ない」と 明言  まし た。(申命記 31:8)ヨシュア  生涯  終わり 近く に,「あなた方   エホバ  話さ   すべて  良い 言葉 は,その 一言  いえ 果たさ  なかっ  もの  あり ませ ん」と 言う こと  でき まし た。―ヨシュア 23:14

エホバ   ご自分  僕(しもべ)たち に,「わたし  決して あなた  離れ ず,決して あなた  見捨て ない」と 約束   おら  ます。(ヘブライ 13:5)エホバ(「彼  ならせる」の 意)と いう ご自分    たがわ ない 行動  し,僕 たち  ため なら どんな もの   なる,と 保証   おら  ます。それ  ロバーソン 兄弟  こう 勧め まし た。「どんな 状況  なっ      決して あきらめ   なり ませ ん。忘れ ない  ください,エホバ  皆さん  見放す こと  絶対  ない  です」。

「その   全地    行っ た」。ローマ 10:18)ギレアデ  教訓  マーク  ヌマール  司会  もと に,さまざま   から   生徒 たち  パタソン 周辺  行なっ  宣教 奉仕  経験  語っ たり 再現  たり  まし た。例えば,南 アフリカ 出身  夫婦 は,同じ  から   3   女性  会い,ズールー   コーサ     できる  いう 喜ばしい 経験   まし た。スリランカ から   夫婦 は,妻    スリランカ  住ん  いる  いう インド   男性  会い まし た。その   聖書    こと  あり ませ  でし た。それで,この 夫婦  自分  聖書  上げ まし た。

「あらゆる 良い   対し  整え られる」。執筆 委員   援助  ジーン  スモーリー は,卒業   夫婦    インタビュー  まし た。今回 シエラレオネ から   夫婦 は,現地   毎日   くみ  行く 生活     ます が,そう   苦労 も,関心  持つ    聖書 研究  50  司会 する 喜び  比べれ     ない,と 話し まし た。インタビュー  受け  4   皆,学校  課程  対する 感謝  言い表わし まし た。今後 割り当て られる 奉仕  良い   行なえる よう 整え られ  から です。―テモテ  二 3:16,17

「耐え忍び なさい ― 終わり まで,また その  も」。統治   成員 ゲリト  レッシュ  この   主要     まし た。長 距離   ランナー  完走 する ため  ペース  配分   走り ます。スポーツ 競技  場合,勝者    だけ です が,クリスチャン  競走  おい   最後 まで 走りきる   全員 勝者  なり ます。

耐え忍ぶ  は,神  仕え 続ける こと です。障害  迫害  試練  面し  も,あるいは 落胆   も,希望  失っ   なら ない  です。イエス は,「終わり まで 耐え忍ん    救わ れる  です」と 言い まし た。(マタイ 24:13)エホバ  イエス  わたしたち  忍耐  注目   くださる  いう  は,本当  心強い こと です。次い  レッシュ 兄弟 は,困難  遭っ   耐え忍ぶ ため  助け  なる 事柄  幾つ  挙げ まし た。次  よう  もの です。

  •   祈る。神 は「忍耐……を 与え」,「日 ごと  わたしたち  ため    負っ  くださる」。―ローマ 15:5。詩編 68:19

  • 妥協  ない こと  決意 する。そして   こと  確信 する。「神  忠実  あられ,あなた方  耐え られる 以上  誘惑  れる まま    ず,むしろ,あなた方  それ  忍耐 できる よう,誘惑  伴っ  逃れ   設け  くださる」。―コリント  一 10:13

  • クリスチャン  希望  見失わ ない。イエス は「自分    置か   喜び  ため に……苦しみ    耐え」た。―ヘブライ 12:2

レッシュ 兄弟 は,ゴール  間近い 今,あきらめ   なら ない こと  強調  まし た。「わたしたち も……自分 たち    置か   競走  忍耐   走ろ  では あり ませ  か」。―ヘブライ 12:1

喜ばしい プログラム  結び に,卒業   代表 が,受け  実際   訓練  対する 感謝  手紙  読み上げ まし た。その 手紙  よる  生徒 たち は,聖書  年代  照らし ながら 詳細  調べ  こと  より,神  目的  対する 理解  深まっ  だけ  なく,信仰  大いに 強め られ まし た。そして,「学ん  良い 事柄  実行   ゆく こと  決意    ます」。