バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​に​なっ​た​もの​の​伝道​を​やめ,仲間​と​の​交友​から​遠のい​て​いる​人​たち​を​避ける​こと​は​し​ませ​ん。むしろ,その​人​を​訪ね,信仰​を​再び​強める​よう​励まし​ます。

重大​な​罪​を​犯し​た​人​で​あっ​て​も,自動​的​に​排斥​さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。と​は​いえ,バプテスマ​を​受け​た​エホバ​の​証人​が​聖書​の​道徳​規準​を​破っ​て​悔い改め​ない​なら,排斥​さ​れ​ます。聖書​は「その​邪悪​な​人​を​あなた方​の​中​から​除き​なさい」と​はっきり​述べ​て​い​ます。―コリント​第​一 5:13

ある​人​が​排斥​さ​れ​た​もの​の,妻​や​子ども​が​引き続き​エホバ​の​証人​で​ある​場合​は​どう​でしょ​う​か。宗教​的​な​結びつき​は​変わり​ます​が,家族​と​し​て​の​きずな​は​変わり​ませ​ん。結婚​関係,家族​の​愛情​や​かかわり​は​続き​ます。

排斥​さ​れ​た​人​も​わたしたち​の​集会​に​出席​でき​ます。望む​なら,会衆​の​長老​から​聖書​に​基づく​助言​を​もらう​こと​も​でき​ます。わたしたち​の​願い​は,排斥​さ​れ​た​人​が​再び​エホバ​の​証人​の​一​人​に​なる​こと​です。排斥​さ​れ​て​も,ふさわしく​ない​行ない​を​やめ,聖書​の​規準​に​沿っ​て​生き​たい​と​いう​誠実​な​願い​を​表わす​人​は,再び​会衆​の​一員​に​なれ​ます。