内容へ

エホバの証人は,救いという報酬を得るために戸別伝道をしているのですか

いいえ。エホバの証人は定期的に戸別伝道をしていますが,そうした行ないによって救いが得られるとは考えていません。(エフェソス 2:8)なぜでしょうか。

例えで考えてみましょう。慈善家が日付と場所を指定して,その日にそこへ来る人すべてに高価な贈り物をする,と約束したとします。あなたがその約束を信じるなら,言われたとおりにするのではありませんか。そして,家族や友達にもそのことを知らせて贈り物をもらえるようにするでしょう。とはいえ,その贈り物は,指示に従って受け取ったものだとしても報酬ではありません。あくまでも贈り物なのです。

神は,ご自分に従う人すべてに永遠の命を与えると約束しておられ,エホバの証人はその約束を信じています。(ローマ 6:23)そして,他の人たちにも永遠の命を得てほしいと思い,神の約束を伝えています。とはいえ,伝道の報酬として救いが得られる,とは考えていません。(ローマ 1:17; 3:28)救いは神からの素晴らしい祝福であり,それに見合うほどのことができる人はいないのです。「神は,わたしたちが行った義の業によってではなく,御自分の憐れみ(あわれみ)によって,わたしたちを救ってくださいました」。―テトス 3:5,「新共同訳」,共同訳聖書実行委員会。