内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

エホバの証人が批判に逐一反論しないのはなぜですか

エホバ​の​証人​は,批判​や​あざけり​に​逐一​反論​する​こと​の​ない​よう​に​と​いう​聖書​の​アドバイス​に​従っ​て​い​ます。例えば,聖書​に​は「あざける​者​に​矯正​を​施し​て​いる​者​は……不​名誉​を​得​て」いる​と​いう​格言​が​あり​ます。(箴言 9:7,8; 26:4)わたしたち​は,偽り​の​非難​に​過度​の​注意​を​向け​て​口論​に​巻き込ま​れる​の​で​は​なく,むしろ​神​を​喜ばせる​こと​に​集中​し​て​い​ます。(詩編 119:69

もちろん,「黙っ​て​いる​の​に​時​が​あり,話す​の​に​時​が​あ[り]」ます。(伝道​の​書 3:7)真理​を​知る​こと​に​関心​が​ある​誠実​な​人々​に​対し​て​は​話し合い​に​応じ​ます​が,意味​の​ない​議論​に​なっ​て​しまう​こと​は​避け​ます。その​よう​に​し​て,イエス​や​初期​クリスチャン​たち​の​教え​と​手本​に​倣っ​て​い​ます。

  • イエス​は,ピラト​の​前​で​偽り​の​非難​を​受け​た​時,何​も​答え​ませ​ん​でし​た。(マタイ 27:11‐14。ペテロ​第​一 2:21‐23)また,食い意地​の​張っ​た​大酒​飲み​だ​と​非難​さ​れ​た​時​に​も​言い返し​ませ​ん​でし​た。むしろ,「知恵​は​その​働き​に​よっ​て​義​に​かなっ​て​いる​こと​が​示さ​れる」と​いう​原則​に​調和​し​て,ご自分​の​行動​そのもの​に​語ら​せ​た​の​です。(マタイ 11:19)それでも​必要​な​場合​に​は,ご自分​を​中傷​し​た​人々​に​大胆​に​返答​し​まし​た。(マタイ 15:1‐3。マルコ 3:22‐30

    イエス​は,偽り​の​非難​に​よっ​て​がっかり​さ​せ​られる​こと​の​ない​よう​弟子​たち​に​教え​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「人々​が​わたし​の​ため​に​あなた方​を​非難​し,迫害​し,あらゆる​邪悪​な​こと​を​偽っ​て​あなた方​に​言う​とき,あなた方​は​幸い​です」。(マタイ 5:11,12)同時​に​イエス​は,そう​し​た​非難​が​追随​者​たち​の​証言​の​機会​と​なる​場合​に​は,次​の​約束​を​果たす​と​も​言い​まし​た。「わたし​が​あなた方​に​口​と​知恵​を​与え[ま]す。あなた方​の​反対​者​が​みな​一緒​に​なっ​て​も,それ​に​抵抗​する​こと​も​論ばく​する​こと​も​でき​ない​でしょ​う」。(ルカ 21:12‐15

  • 使徒​パウロ​は,反対​者​と​の​無​意味​な​論争​を​避ける​よう​クリスチャン​に​助言​し​まし​た。そう​し​た​議論​は「無益​で​あり,無駄​な​こと」で​ある​と​述べ​て​い​ます。(テトス 3:9。ローマ 16:17,18

  • 使徒​ペテロ​は,ふさわしい​時​に​は​信仰​を​弁明​する​よう​クリスチャン​を​励まし​まし​た。(ペテロ​第​一 3:15)と​は​いえ,信仰​を​弁明​する​の​に​最も​効果​的​な​の​は,多く​の​場合,言葉​より​行ない​で​ある​こと​も​認識​し​て​い​まし​た。「道理​を​わきまえ​ない​人​たち​の​無知​な​話​を,あなた方​が​善​を​行なう​こと​に​よっ​て​封じる」と​書い​て​い​ます。(ペテロ​第​一 2:12‐15

もっと調べる

よくある質問

エホバの証人はどんなことを信じていますか

基本的な信条が15項目にまとめられています。

よくある質問

エホバの証人の創始者はだれですか

チャールズ・テイズ・ラッセルが新しい宗教を創始したわけでないのはなぜか,ご説明します。