内容へ

エホバの証人は独自の聖書を使っていますか

エホバの証人は聖書を研究するに当たり,様々な翻訳聖書を用いてきました。しかし,「新世界訳」が出版されている言語では,とりわけその聖書を活用しています。神の名前が使われており,正確で明快だからです。

  • 神の名前が使われている。聖書が出版される際,しかるべき方に誉れが与えられない場合があります。例えば,ある翻訳聖書には,何らかの形で出版にかかわった70人余りの人たちの名前が挙げられています。ところが,聖書の著者であるエホバ神の名前は一切出てこないのです。

    対照的に「新世界訳」は,原文に神の名前がある幾千もの箇所にその名を復元しています。その一方で,翻訳を行なった委員会の人たちの名前は伏せています。

  • 正確。すべての翻訳が,聖書の音信をそのとおり正確に伝えているわけではありません。例えば,ある翻訳では,マタイ 7章13節がこう訳されています。「狭い門を通って入りなさい。地獄への門は広く,そこに至る道は歩きやす[い]からです」。しかし,原文では「地獄」ではなく「滅び」という表現が使われています。翻訳者たちは,邪悪な人々は地獄で永遠の責め苦に遭うという信条のもとに,「地獄」という言葉を使ったのかもしれません。しかし,そのような信条に聖書的根拠はありません。ですから,「新世界訳」ではその聖句が正確にこう訳されています。「狭い門を通って入りなさい。滅びに至る道は広くて大き[い]からです」。

  • 明快。良い翻訳は,正確なだけでなく,明快で分かりやすいものであるべきです。1つの例を考えてみましょう。ローマ 12章11節で,クリスチャンの使徒パウロは,字義どおりには「沸騰している霊に」という意味の表現を用いました。この表現は現代ではあまり意味を成さないので,「新世界訳」ではもっと分かりやすく訳されています。クリスチャンに対し,「霊に燃えなさい」と勧めています。

神の名前が使われており,正確で明快なことに加え,「新世界訳」は別の点でも際立っています。無料で配布されているのです。そのため,貧しくて聖書を買えない人たちを含む幾千万という人々が,聖書を母語で読むことができています。