内容へ

エホバの証人は十分の一献金をしますか

エホバの証人は十分の一献金もしくは什一(じゅういち)献金をしません。活動の費用は自発的な寄付によって賄われています。十分の一献金とは何ですか。それをエホバの証人がしないのはなぜですか。

持ち物の10分の1を寄進するようにというおきては,神が古代イスラエル国民に与えた律法の一部でした。しかし,「什一を……徴収するおきて」を含むその律法がクリスチャンには適用されない,ということを聖書は明らかにしています。―ヘブライ 7:5,18。コロサイ 2:13,14

エホバの証人は,十分の一献金や捧げ物(ささげもの)を要求されることはありません。むしろ,初期のクリスチャンに倣い,宣教活動を2つの方法で支援します。報酬を受けずに自ら宣教活動を行なうことと,自発的な寄付をすることによってです。

そのようにして,クリスチャンに対する聖書の次の指示に従います。「各自いやいやながらでも,強いられてでもなく,ただその心に決めたとおりに行ないなさい。神は快く与える人を愛されるのです」。―コリント第二 9:7